アントシアニンで、「目の疲れ」を予防しましょう

アントシアニンによる「眼精疲労の回復」

体が酸化することは、様々な病気の原因にもなります。目が酸化することによって、「目の疲れ」や「眼精疲労」が起きます。
目の酸化は、目の中に紫外線などが入った時に起こります。そのような時、アントシアニンが目の細胞を保護するように働きます。酸化を防ぐ作用を持つアントシアニンが抗酸化を行ない、目の中で消費されます。

アントシアニンは抗酸化作用が強いことから、多くの症状に作用することがわかっています。医学的にも、研究が進められています。
特に眼精疲労に対する効果が、注目されています。そのため、目や視力に関するサプリメントなどで、アントシアニンという名前をよく聞くようになりました。

期待できる効果

アントシアニンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っています。
アントシアニンの働きとして、目の中の網膜にある「毛細血管を保護してくれる働き」があるとされています。その他の作用には、ドロドロになった血液をサラサラにする抗酸化作用があると、言われています。

アントシアニンは、「目の働き」を活性化させると言われています。目の網膜にある細い血管を丈夫にして、「血液の流れ」を良くします。これによって、目の隅々まで酸素や栄養分が行き渡ります。

アントシアニンは、「目のピント調節の働き」を回復させるとも言われています。疲れによる「目のかすみ」や「ちらつき」を、改善してくれるようです。

また、暗い時の視力に関与しているロドプシンの合成を促進する、と言われています。

アントシアニンを摂取して、「目の疲れ」を防ぎましょう

ブルーベリー目の健康維持に役立つと言われているアントシアニンは、ブルーベリーを始め、鮮やかな色彩を持つ野菜や果物に含まれています。「ぶどう」や「いちご」「さくらんぼ」、「紫キャベツ」や「紅芋」、「赤しそ」などに含まれています。

これらの野菜や果物がアントシアニン色素を持っている理由は、紫外線による刺激から自分の身を守るためと考えられています。

ちなみにアントシアニンは、体内では生成されません。よって、食べ物から摂取する必要があります。目の中にアントシアニンを蓄えたい場合は、サプリメントなどの食品から摂取すると良いでしょう。

ブルーベリーのサプリ

ブルーベリーを始めとする目に良いサプリメントが、色々と出ています。
目の健康にとって、大切な成分の一つは抗酸化物質です。ブルーベリーの成分で言えば、ポリフェノールの一つであるアントシアニンが、その抗酸化物質と言えます。

アントシアニンとは、ブルーベリーの皮に含まれている青紫色の成分です。

アントシアニンには、視力の回復目の健康維持に役立つ作用がある、と言われています。
なので目を酷使している人、例えば仕事で長い時間、パソコンの画面を見続けている人などには、アントシアニンを含むサプリメントが有効でしょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム