アントシアニンで「目の疲れ」を予防しましょう

目の健康のために食生活を改善しましょう

「便秘が視力悪化の原因となることを、ご存知でしたか?」

 

便秘になることによって血液が濁り、体の必要な部分に酸素と栄養が行き渡らなくなります。各種器官のトラブルが起こり、そして目のトラブルに繋がるということです。

なお、内臓系の病気や腸の調子が優れない人は、視力の悪い人が多いそうです。

内臓系の病気は自分一人の力では、なかなか治すことはできません。だけど腸の調子を良くする事なら、できるでしょう。腸を元気にするためにも、まずは生活環境の一つである食生活を改善するようにしましょう。

例えば、肉と一緒に野菜を取るようにしてみましょう。穀物も多く取るようにしてください。食べる際は、よく噛んで食べましょう。
当たり前のことですが、これらができていない人は意外と多いです。
大人だけでなくて小さな子供にも、将来的に視力を低下させないように食生活に気をつけさせましょう。

目に良い栄養素

ここでは目に効果的な栄養素と、その栄養成分を含んだ食べ物を、ご紹介したいと思います。参考にしてください。
また、これらの栄養素を含むサプリメントもあります。食事と同様に、サプリメントによる栄養素の摂取も検討してみましょう。

もしも視力回復のトレーニングを行なっているなら、目に良い栄養を取ることはトレーニングの「効果を高める助け」となるでしょう。

DHA

イワシ・サバなどの青魚や、マグロの目の周辺に多く含まれています。
人の体の中では、目の網膜細胞に最も多く含まれています。細胞膜を柔らかくする効果があります。
もしもDHAが不足すると、視神経の伝達機能が悪くなります。

ビタミンB群

豚肉・ハム・ごま・豆腐などに含まれています。
目の角膜を正常に保ったり、「神経の働き」を助けたりする効果があります。

ベータカロチン

にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・小松菜など、緑黄色野菜に多く含まれています。
体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは、暗闇での視力維持に効果があると言われています。

ルテイン

かぼちゃ・ブロッコリーといった緑黄色野菜に、多く含まれています。
有害な光を吸収したり、白内障などの眼病のリスクを低下させたりするのに、効果的な栄養素です。

アントシアニン

ブルーベリー

ブルーベリーに含まれていて、注目されている栄養素です。
目を酷使すると、視細胞のロドプシンの再合成が上手くいかなくなります。このアントシアニンは、再合成が上手くいくように促すという補助的な役割をします。

アントシアニンによる「眼精疲労の回復」

体が酸化することは、様々な病気の原因にもなります。目が酸化することによって、「目の疲れ」や「眼精疲労」が起きます。
目の酸化は、目の中に紫外線などが入った時に起こります。そのような時、アントシアニンが目の細胞を保護するように働きます。酸化を防ぐ作用を持つアントシアニンが抗酸化を行ない、目の中で消費されます。

アントシアニンは抗酸化作用が強いことから、多くの症状に作用することがわかっています。医学的にも、研究が進められています。
特に眼精疲労に対する効果が、注目されています。そのため、目や視力に関するサプリメントなどで、アントシアニンという名前をよく聞くようになりました。

期待できる効果

アントシアニンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っています。
アントシアニンの働きとして、目の中の網膜にある「毛細血管を保護してくれる働き」があるとされています。その他の作用には、ドロドロになった血液をサラサラにする抗酸化作用があると、言われています。

アントシアニンは、「目の働き」を活性化させると言われています。目の網膜にある細い血管を丈夫にして、「血液の流れ」を良くします。これによって、目の隅々まで酸素や栄養分が行き渡ります。

アントシアニンは、「目のピント調節の働き」を回復させるとも言われています。疲れによる「目のかすみ」や「ちらつき」を、改善してくれるようです。

また、暗い時の視力に関与しているロドプシンの合成を促進する、と言われています。

アントシアニンを摂取して、「目の疲れ」を防ぎましょう

ブルーベリー目の健康維持に役立つと言われているアントシアニンは、ブルーベリーを始め、鮮やかな色彩を持つ野菜や果物に含まれています。「ぶどう」や「いちご」「さくらんぼ」、「紫キャベツ」や「紅芋」、「赤しそ」などに含まれています。

これらの野菜や果物がアントシアニン色素を持っている理由は、紫外線による刺激から自分の身を守るためと考えられています。

ちなみにアントシアニンは、体内では生成されません。よって、食べ物から摂取する必要があります。目の中にアントシアニンを蓄えたい場合は、サプリメントなどの食品から摂取すると良いでしょう。

ブルーベリーのサプリ

ブルーベリーを始めとする目に良いサプリメントが、色々と出ています。
目の健康にとって、大切な成分の一つは抗酸化物質です。ブルーベリーの成分で言えば、ポリフェノールの一つであるアントシアニンが、その抗酸化物質と言えます。

アントシアニンとは、ブルーベリーの皮に含まれている青紫色の成分です。

アントシアニンには、視力の回復目の健康維持に役立つ作用がある、と言われています。
なので目を酷使している人、例えば仕事で長い時間、パソコンの画面を見続けている人などには、アントシアニンを含むサプリメントが有効でしょう。

「目に良い」と言われているブルーベリー

昔のことになりますが、イギリス空軍のパイロットが、薄暗い夜間飛行においても十分な視力を保っていました。

なぜ彼らの視力はそんなに良いのか、学者が調べると、彼らの好物はブルーベリーであり、毎日大量のブルーベリージャムを食べていることがわかりました。
そして、なぜブルーベリーが目に良いのかについて、さらに研究を進めました。するとブルーベリーに含まれているアントシアニンが目に良い、とわかりました。
この研究によって、「パイロット」と「視力の良さ」との関係がわかったのです。

ブルーベリー

目に良い食べ物で有名な物に、ブルーベリーがあります。昔からそう言われているブルーベリーは、目の健康を考えている方に「おすすめの食品」です。視力の回復をサポートしてくれる食べ物だと思います。

ブルーベリーとは、北米が原産の低木性果樹です。収穫の時に、実がブルーになることから「ブルーベリー」という名前が付けられました。目に良い食材ということで、とても有名です。

「目の働き」を活性化させるアントシアニン

ブルーベリーを食べると目が良くなると言われている「きっかけ」の一つは、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が、「目に良い働き」をするからです。

ブルーベリーにはビタミンAやビタミンB、鉄など、体に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。
その中でもポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素が、目の健康に関する色素として注目されています。なぜならビタミンAと同様に、

目の網膜色素の「再合成を促す働き」を、期待できるからです。

アントシアニンは、「目で見た映像を脳に伝える働き」を手助けする成分です。

なおアントシアニンは、目が疲れてから取るよりも、目を使って作業をする3時間ほど前に取るほうが、より効果があると言われています。

研究中

ブルーベリーが目に効くということは研究段階の話であり、まだ実証はされていないそうです(2012年当時)。その効果は少しずつ認められてきているので、将来ブルーベリーの効果が実証されると予想されます。

ブルーベリーで、「目の疲れ」を予防しましょう

目の健康を保つためには、食生活において必要な栄養素を取ることが大事です。疲労回復しやすい体質にすることは、「目の疲れ」を予防する場合にも大切なことと言えます。

現在ではブルーベリーと聞くと、疲れ目の軽減に良い食べ物というイメージがあります。ですが一昔前の日本では、あまり知られていない果物でした。しかし現在では、目の健康に良い食品として広く知られています。

疲れ目対策として、毎日の食事からブルーベリーを取る事は理想的と言えます。例えば朝にトーストを食べている人なら、ブルーベリージャムをつけて食べてみると良いです。
もしも毎日の食事からブルーベリーを取れない人は、サプリメントから摂取しても良いです。ブルーベリーのサプリは、数多く市販されています。

眼精疲労の回復

毎日スマートフォンやパソコンを使っている人の中には、眼精疲労に悩まされている人も多いと思います。眼精疲労を緩和させる方法としては、その症状に適した目薬をさすのが一番良いとされています。

そして、目薬と同じくらいに眼精疲労の緩和を期待できる物に、サプリメントの摂取があります。サプリメントは手軽に摂取できて、服用を続ける事で改善効果も持続すると言われています。

眼精疲労の回復をサポートするサプリでは、ブルーベリーの人気が高いです。

アントシアニンという成分を含んでいて、この成分は眼精疲労の回復をサポートする成分だからです。眼精疲労に「お悩みの方」は、ブルーベリーのサプリを試してみましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム