中高年を悩ます「老眼の症状」

老眼

老眼の男性老眼というのは、中年前後(例えば40代頃)に近い所が見えにくくなった状態を言います。
中年になれば程度に差はありますが、老眼は誰にでも起こり得る生理的な現象です。その現象は、近い場所が見えにくいというだけです。

老眼の症状は、

  • 本を読む時に、目から本を離さないとよく見えない
  • 薄暗い所では、小さな字が読みにくい
  • 細かい仕事をすると、目が疲れる

というものです。このような症状を感じたら、老眼が始まってきたと考えられます。

このように老眼というのは、あくまで近い場所を見るのに不便を感じるようになるという症状です。遠い所を見る視力には、関係ありません。従って老眼になると「近い所が見えなくなる代わりに、遠い所がよく見えるようになる」というのは間違いです。

また、「年を取ったから視力が落ちて、遠い所が見えにくくなった」ということはありません。近視は、20歳から25歳ほどで進行が止まるのが普通です。よって、中年以降に遠い所が見えづらくなったという場合は、何か病気が起こっていると疑う必要があります。
老眼あるいは老視というのは、病気ではないからです。

遠視と間違われやすい老眼

老眼と遠視は、よく間違えられやすいようです。しかし全く違います別の症状と言えます。網膜よりも後ろに焦点があるという点は同じですが、老眼は目の機能が、遠視は目の構造が原因となっています。
老眼は、調節の異常です。遠い所を見る視力とは、なんら関係はありません。それに対して遠視は屈折の異常であり、年齢とは無関係です。

老眼の問題点は、近い所を見る場合だけです。そして中年以降になれば、遠視の人も老眼になる可能性があります。

近視の人も老眼になります

近視の人は老眼にならないと言われていますが、これは本当の事なのでしょうか?
これは間違いです。近視の方も老眼になります
老眼とは、近くの物が見えにくくなるという事ではなくて、眼のピントを合わせる力が衰えてくることによって起こる現象です。なので近眼の方も、老眼になる可能性があります。

老眼とは、水晶体をスムーズに厚くして調節することが難しくなってしまう症状を言います。水晶体は、レンズの役目をしている物です。それをスムーズに厚くして調節しにくい状態です。

なお、屈折性の近視の場合では、水晶体が「いつも厚くなっている事」が多いです。つまり、近くを見る事が得意な目と言えます。従って近視の人が老眼になっても近距離については、メガネを掛けなくても見る事ができます。近い場所については老眼になりにくい、と言えるでしょう。

老化現象の一つ・老眼

老化に悩む老人中高年になると、日常会話で健康に関する話題が多くなると聞きます。そして近くの物が見えづらいという老眼に関する愚痴も、多く聞かれます。

老眼とは「その名称」からも想像できるように、老化現象の一つです。目の水晶体の調整力が、加齢により低下することが原因です。
つまり近くの物を見ようとした際、毛様体筋が縮んでも水晶体を厚くできなくなっています。歳を取るにつれて水晶体の弾力性が失われてゆき、水晶体を厚くできないのです。
よって近くの物にピントを合わせられなくなり、結果として物が「はっきり見えない」となります。

眼の老化というのは10代の頃から始まっている、と言われています。しかし、その老眼を自覚するのは、40代から50代くらいだと思います。
老眼は老化現象の事と聞くと、仕方がないという「諦めの気持ち」になります。だけど出来る事なら、老眼にはなりたくないと思います。無駄かもしれませんが、瞳をいたわって、少しでも老眼になるのを防ぎたいと思いました。

実際のところ人間は老化してゆくので、老眼の進行を予防する事は難しいとされています。しかし実際に老眼になってしまった場合、どうにかして回復させたいと願うでしょう。
残念ながら、物凄く視力を回復させることはできません。ですが、徐々に視力を回復させていくという方法はあるそうです。

老眼の予防法

老眼の予防法について、専門家のアドバイスをご紹介したいと思います。参考にしてください。

  • 定期的に、眼を休ませるようにしましょう。
  • バランスが良い食生活を心掛けましょう。
  • なるべくストレスを溜めないような生活をしましょう。
  • 自分に合う対策方法を見つけましょう。

筋肉を鍛えて予防できます

繰り返しになりますが、老眼とは眼の調節力が衰える事により、目のピントが合う範囲が狭くなる事を言います。
老眼は老化現象の一つであり、誰にでも起こる現象です。屈折異常がある人も正視の人も、年を取るとともに老眼になります。

そんな老眼を改善する方法として、目のピントを合わせるために使う筋肉を鍛える、という方法があります。その筋肉とは、「虹彩筋」と「毛様体筋」です。これら二つの筋肉を鍛えることによって、老眼を予防できたり改善できたりします。

老眼を改善するストレッチ

「明かり」を使って、老眼を改善するためのストレッチを行なう事ができます。
このストレッチでは、目の中にある瞳孔の収縮を行なう筋肉を、鍛えます。そうすることより、老眼を改善させようというストレッチです。その筋肉は、虹彩筋という筋肉です。瞳孔は「周りの明るさ」によって収縮を繰り返すので、虹彩筋を鍛えることができます。

ストレッチの「やり方」は、以下のようになります。

  1. 顔に「明かり」を向けて、照らします。
  2. 目の前に手を置き、「明かりの強さ」を調節します。
    目の前に手をかざしたり、どけたりして、「明かりの強さ」を調節します。

なお虹彩筋は、自分の意思では動かせない筋肉です。なので「明かりの強さ」を変える事で、虹彩筋を動かします。
このストレッチ・トレーニングで、老眼の改善を期待できます。ただし老眼の症状がひどい場合は、眼科医に相談してください。

老眼鏡

老眼鏡老眼鏡は、近くを見るための専用のメガネです。従って近視や遠視の人は、遠くを見るためのメガネと老眼鏡の二つが必要となります。

この場合、メガネは別々の物を二つ用意してもいいし、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ・多焦点レンズとしても、良いです。
後者のようなレンズの場合、いちいち掛け直す手間が省けることから便利と言えます。ですが、はっきりと見える視野が狭くなってしまうという欠点があります。

そのため近い場所を見る作業が続く場合には、やはり近い所を見る専用の老眼鏡を用意するほうが良いでしょう。ご自身の生活を考えて、メガネの使用スタイルを考えましょう。

ところで近視の視力を回復するための治療や矯正には、メガネやコンタクトレンズ、手術などがあります。しかし老眼の場合は、老眼鏡を使う他にはありません。
老眼は、眼の中で「レンズの働き」をしている水晶体の弾力性が、加齢とともに弱まったために起こる症状です。治療によって、この弾力性を強めることはできません。
本を読む時に本を目から離さないとよく見えないなど、老眼の症状が始まったら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡を作り、必要に応じて掛けることになるでしょう。

老眼鏡については早く掛けると度が進むのでは?と懸念する人がいます。実際のところ、老眼鏡を掛けたからといって症状が進む訳でも、逆に止まる訳でもありません。不自由を感じながら使うことを我慢している必要はないでしょう。

老化した目をいたわるため、メガネを用意

加齢とともに、骨や筋肉が徐々に衰えてきます。同じように目も老化してゆきます。
誰でも年を取ってくると、体のあちこちが弱くなったり、もろくなったりして、若かった頃のようには動けなくなってきます。それは、仕方のないことです。だけど、年を取っても出来るだけ元気でいるために予防するという「気持ち」は大切です。

テレビやパソコンを長い時間、見ないようにする、こまめに目を休めるようにするなど、「目の疲れ」を予防するようにしましょう。

パソコンやスマートフォンを長時間使用する場合、メガネの使い方を工夫しましょう。近視の人は少し弱めの物を使用する、遠視の人は普段のメガネよりも度が少し強めの物を使用しましょう。理想は、パソコン専用のメガネを用意することです。

40代以上の人は、老眼の症状が出てきます。なので眼精疲労を予防するためにも、パソコン専用のメガネ、遠くを見るためのメガネ、近くを見るためのメガネ、これら3種類を使い分けましょう。

疲れ目対策として老眼鏡を使いましょう

老眼鏡を使う目的と言ったら、よく見えるようにすることだと思うでしょう。ですがその他の目的として、老眼による疲れ目を軽減させるために、老眼鏡を使っても良いです。

一般的な疲れ目の症状というと、目がしょぼしょぼする、目の奥が痛む、目が重たい感じがするという症状があります。しかし40歳を過ぎていて、このような症状が出た場合は、疲れ目と同時に老眼になったというサインでもあります。

目の調整力は、10代から少しずつ低下していきます。調整力が低下しているのに無理して焦点を合わせようとするので、目が疲れてしまいます。このように老眼と疲れ目には、深い関係があるのです。

40歳以上で疲れ目がひどい場合、眼科に診てもらいましょう。そして老眼鏡を薦められたら、使う事を検討してください。「40代という若さ」で老眼鏡を薦められると、使いたくないと抵抗を感じる人もいるでしょう。ですが、疲れ目対策には有効と言えます

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム