中高年を悩ます「老眼の症状」

老眼

老眼というのは、中年(例えば40代)前後に近い所が見えにくくなった状態を言います。
中年になれば程度に差はありますが、老眼は誰にでも起こり得る生理的な現象です。その現象は、近い場所が見えにくいというだけです。

老眼の症状は、

  • 本を読む時に、目から本を離さないとよく見えない
  • 薄暗い所では、小さな字が読みにくい
  • 細かい仕事をすると、目が疲れる

というものです。このような症状を感じたら、老眼が始まってきたと考えられます。

このように老眼というのは、あくまで近い場所を見るのに不便を感じるようになるという症状です。遠い所を見る視力には、関係ありません。従って老眼になると「近い所が見えなくなる代わりに、遠い所がよく見えるようになる」というのは間違いです。

また、「年を取ったから視力が落ちて、遠い所が見えにくくなった」ということはありません。近視は、20歳から25歳ほどで進行が止まるのが普通です。よって、中年以降に遠い所が見えづらくなったという場合は、何か病気が起こっていると疑う必要があります。
老眼あるいは老視というのは、病気ではないからです。

遠視と間違われやすい老眼

老眼と遠視は、よく間違えられやすいようです。しかし全く違います別の症状と言えます。網膜よりも後ろに焦点があるという点は同じですが、老眼は目の機能が、遠視は目の構造が原因となっています。
老眼は、調節の異常です。遠い所を見る視力とは、なんら関係はありません。それに対して遠視は屈折の異常であり、年齢とは無関係です。

老眼の問題点は、近い所を見る場合だけです。そして中年以降になれば、遠視の人も老眼になる可能性があります。

近視の人も老眼になります

近視の人は老眼にならないと言われていますが、これは本当の事なのでしょうか?
これは間違いです。近視の方も老眼になります

老眼とは、近くの物が見えにくくなるという事ではなく、眼のピントを合わせる力が衰えてくることによって起こる現象です。なので近眼の方も、老眼になる可能性があります。

老眼になると近くの物が見えづらくなり、遠くの物が見やすくなります。
近視では近くの物が見やすくて、遠くの物が見えづらくなります。

老眼とは、水晶体をスムーズに厚くして調節することが難しくなってしまう症状を言います。水晶体は、レンズの役目をしている物です。それをスムーズに厚くして調節しにくい状態です。

屈折性の近視の場合では、水晶体が「いつも厚くなっている事」が多いです。つまり、近くを見ることが得意な目と言えます。従って近視の人が老眼になっても近距離については、メガネを掛けなくても見る事ができます。そういう意味では、老眼になりにくいと言えるでしょう。

老化現象の一つ・老眼

老化に悩む老人中高年になると日常会話で健康に関する話題が多くなると聞きますが、近くの物が見えづらいという老眼に関する愚痴も多く聞かれます。

老眼とは「その名称」からも想像できるように、老化現象の一つです。目の水晶体の調整力が、加齢により低下することが原因です。

つまり近くの物を見ようとした際、毛様体筋が縮んでも水晶体を厚くすることができなくなっています。歳を取るにつれて水晶体の弾力性が失われてゆき、水晶体を厚くできないのです。
よって近くの物にピントを合わせられなくなり、結果として物が「はっきり見えない」となります。

老眼は老化現象と聞くと仕方がないという「諦めの気持ち」になりますが、できることなら老眼にはなりたくないと思います。無駄かもしれませんが、瞳をいたわって、少しでも老眼になるのを防ぎたいと思いました。

筋肉を鍛えて予防できます

繰り返しになりますが、老眼とは、眼の調節力が衰える事により、目のピントが合う範囲が狭くなる事を言います。
老眼は老化現象の一つであり、誰にでも起こる現象です。屈折異常がある人も正視の人も、年を取るとともに老眼になります。

そんな老眼を改善する方法として、目のピントを合わせるために使う筋肉を鍛える、という方法があります。その筋肉とは、「虹彩筋」と「毛様体筋」です。これら二つの筋肉を鍛えることによって、老眼を予防できたり改善できたりします。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム