嫌われることが多い、キツい「お酒」の体臭

キツい「お酒」の体臭

お酒を飲むと体臭がキツくなる、と言われています。
実は「お酒」のアルコールは、それ自体が強いニオイ成分です。アルコールは、代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸という強烈なニオイ物質に変わります。
これらのニオイ物質は、ほとんどは尿から排泄されます。しかし一部は汗として排出されたり、呼気から排出されたりするので、二日酔いの体臭が出てしまいます。

あと「お酒」を飲む際、ニオイが強い食べ物を食べることがあります。「焼肉」や「にんにく料理」は、ニオイも強烈です。

汗もクサい

お酒を飲んだ時、体が温かくなってきます。これはアルコールにより、血管が広がったり体温が高くなったり、汗腺の活動が活発になったりという作用があるためです。
これらの作用によって、発汗量も急激に増加します。

アルコールは「それ自身もニオイが強い物」なのに、代謝されて「さらに強いニオイ物質」となります。それが汗から放出されてしまうと、体臭となってしまいます。

加齢臭の原因・アルコール

なお、アルコールを飲み過ぎると加齢臭が発生しやすくなります。なぜならアルコールは、活性酸素を増やす原因になるからです。活性酸素は、加齢臭の原因となる物質です。
体臭と同様に加齢臭を軽減するためにも、飲み過ぎに注意しましょう。

嫌われる「お酒臭い人」

アルコールのニオイは、やはり嫌われることが多いようです。

お酒臭いと、周りの人から嫌がられてしまうことがあります。
クサいにおい

酒臭い!

例えば朝の職場で、出勤してきた同僚が「お酒臭かったら」、ちょっと気分が悪くなります。

お酒をたくさん飲んだ後は、周囲にすぐ気づかれてしまうくらい臭います。付き合いの飲み会やストレス発散のために、お酒を飲むことがあると思います。だけど、程々にしましょう。

対策の一つ・ノンアルコールビール

自分の体がアルコール臭くなるのは嫌だ、でも「お酒」はやめられない……。
そんな方は、ノンアルコールビールを飲んで気を紛らわすと良いかもしれません。

ちなみに私は、病気治療中(睡眠薬を服用中)のためという「ちょっと悲しい理由」で、ノンアルコール飲料を飲んでいます。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム