ちょっと知りたい、バービー人形の歴史

バービー人形・誕生の「きっかけ」

barbie

バービー人形で遊ぶ女の子・イメージ画像

バービー人形は、ドイツの人形リリ(Lilli)をモチーフにして生まれました。

この人形リリは、マテル社の創業者ルース・ハンドラー(Ruth Handler)氏が、ヨーロッパを旅行中に、娘バーバラのために購入した物でした。

プロポーション抜群なリリ人形は、大人の男性をターゲットに作られました。しかしファッションセンスが良いリリ人形は、女の子の間でも人気となりました。

マテル社は、アメリカでのリリ人形の販売権を獲得しました。

アメリカ人向けにデザインを変えて、娘のバーバラという名前にちなみバービー(Barbie)と名付けられました。

※バービーは、1959年3月9日に「ニューヨークのトイフェアー」にてデビューとなりました。
本名は、バーバラ・ミリセント・ロバーツ(Barbara Millicent Roberts)です。
ファッションモデルをしている17歳という設定になります。

世界中で大人気のバービー人形

バービー人形は、世界中で年間約6300万体の売上があったと言われています。
そしてファッションリーダーとして、世界で活躍する有名デザイナーのファッションを次々と身にまとってきました。例えばジバンシー、クリスチャン・ディオール、カルバン・クライン、ダナ・キャランなどです。

しかし最初の日本では?

ところで日本でも、マテル社から販売されているバービーは、女の子に大人気です。
しかし最初は、人気がなかったようです。
日本では、1960年頃から「アメリカのバービー」そのままの姿・形で発売されました。しかし人気が出ず、リカちゃん人形の登場により日本から消えていきました。

1980年代には、バービーは「日本人好み」に変身しました。タカラとの提携で、再度日本へやってきました(どういう訳か、バービーはジェニーと名前を変えて販売される事になりました)。
その後、マテル社はバンダイとも提携してバービーを売り出しましたが、当時あんまり成功しなかったそうです。

趣味
この記事をシェアする

【広告】バービー人形 」の関連商品

• Amazon.co.jp

• 楽天市場

SOTOGO 106 Pcs Barbie バービー doll 人形 Clothes Set Include 15 Pack Barbie バー……

SOTOGO 106 Pcs Barbie バービー doll 人形 Clothes Set Include 15 Pack Barbie バー……

価格:4,200 円[税込](2019年5月25日 15:54時点)
送料込

販売店:MJ-MARKET

バービー人形 海外 バービー コレクター バービードール アメリカ
※海外からの取り寄せ商品です。 ※説明は英語表記になります。

グッズ・メモランダム