体幹の筋肉を鍛えられる、バランスボールで健康維持

体幹を鍛えられるバランスボール

バランスボールという運動器具を知っている方は多い、と思います。
バランスボールとは、直径50cmから60cmの弾力性があるゴムボールのことです。別の呼び方で「エクササイズボール」とも言われているボールです。

このバランスボールを使ってトレーニングすることで、

体の内側の体幹筋肉(インナーマッスル)を、鍛えられます。
インナーマッスルとは、骨の周りなど、体の中心に付いている筋肉のことです。普段の生活では、鍛えられない筋肉です。

バランスボール体幹筋肉は体の奥のほうにある筋肉であり、普通のトレーニングでは鍛えるのが難しいです。姿勢やバランスを整えたりする際、大切な筋肉です。この体幹筋肉を鍛えることは、ダイエットに役立ったりします。

そしてバランスボールによるトレーニングでは、普段の生活で身に付いてしまった「体の歪み」を治せます。トレーニングによって体を健康にできて、ダイエットも期待できるという訳です。

なお、バランスボールを使うなら、座っているだけでも筋力トレーニングの効果を期待できます。バランスを保ちつつ姿勢を良くすることで、自然に全身の筋肉を鍛えられます。

姿勢を矯正できます

バランスボールに座っているだけで、体のバランスを整えられます。そして「体の歪み」がなくなってゆき、姿勢が良くなります。

ところで日本人は、世界の中でも姿勢の悪い人が多いと指摘されています。
姿勢が悪いことは。何一つ良いことがありません。「見た目の悪さ」だけでなくて、骨が歪んだり筋肉が偏ったりする原因になります。さらには、内臓の不調も引き起こす原因となります。
背骨の中にある脊髄から出ている神経は、背骨が「ずれること」で圧迫されます。それは、「しびれ」や「痛み」の原因となります。

血行を改善します

様々な部分の筋肉を使うことになるので、血行が良くなります。よって、冷え性や腰痛の改善、疲労回復の効果を期待できます。

ダイエットにも活用できるバランスボール

バランスボールというのは、直径50cmから60cmくらいの弾力性のあるボールのことです。このボールは、ダイエットにも最適なアイテムと言えます。
もしかしたら知らない人がいるかもしれませんが、ダイエットでは筋肉を鍛える事が重要です。なので、バランスボールの筋力を鍛える効果がダイエットにとても良いと、注目を集めています。

ダイエット中では、食事などを制限しても「お腹だけは痩せない」という場合があったりします。
これはインナーマッスルの低下により、起こる症状です。内側の筋肉を鍛えていなければ、ダイエットは成功しにくいと言えます。

バランスボールで鍛えられる筋肉は、インナーマッスルです。アウターマッスル(体の外側の大きな筋肉)と違って、意識して鍛える必要がある筋肉です。バランスボールによる運動なら、体幹部のインナーマッスルを鍛えられます。普通のトレーニングでは、鍛えられない筋肉も鍛えてくれます。
鍛え方としては、椅子に座るようにバランスボールに座れば、インナーマッスルという普段は意識して使うことのできない、骨の側に付いている補助的な筋肉を鍛えられます。

実際にバランスボールで鍛えると、体が引き締まって、筋肉量が増加して基礎代謝が上がります。体脂肪を燃焼しやすい体になってゆきます。

手軽なダイエット運動の一つ・バランスボールの運動

ダイエットをしたいなら運動を続けることが大事と、よく言われています。しかし運動を続けるのが、最も困難と言えます。

だけどやっぱり運動が苦手である、運動をするのが大嫌いという方もいるでしょう。色々と言いましたが、まずは自分が始められるダイエット運動を見つけましょう。特に普段運動をしない方は、なるべく手軽にできる運動を探すと良いです。

手軽な運動と言われているものには、いくつかあります。その一つにバランスボールを使った運動があります。
例えば椅子の代わりにバランスボールに座る、という運動です。座っているだけなので運動と言えるかどうか、ちょっと疑問に思うかもしれません。ですが、運動していると見なして良いそうです。
世の中には、バランスボールがくっついている椅子も販売されているそうです。興味があったら、ぜひ活用してください。

トレーニングの定番として注目を集めてきたバランスボールのエクササイズは、「体の歪み」を矯正できる、とても優れた運動です。
ボールに座るだけで、自然に体が正しい姿勢を取ります。よってバランス感覚を鍛えながら、ストレッチやレジスタンス・トレーニングなど、目的に応じたエクササイズができます。

バランスボールの一般的な効果としては、脂肪の燃焼や体の歪み解消、腰痛の軽減などがあります。
バランスボールを正しく使うことで、インナーマッスルや腹筋・背筋を鍛えられます。筋肉が鍛えられることによって、ダイエットの効果を期待できるでしょう。

お腹周りの運動

例えば座ったままでバランスボールの上で体を軽く弾ませると、お腹周りの腹筋を鍛えられます
痩せるためのエクササイズの中では、お腹周りに特化した運動の人気が高いそうです。特に、子供を産んだことのある女性からの人気が高い、という事です。
子供が「お腹にいる時」に、お腹の「お肉」は伸びきってしまいます(それは仕方のない事です)。そして子供を産んでしまった後も、たるんだままになってしまうようです。

お腹周りに特化したエクササイズをしても、痩せるまでに時間がかかる場合があります。ぜい肉が多ければ、その分だけ時間がかかります。だけど長い間続けてゆけば、そのうち痩せてくるでしょう。

履けなくなったスカートやパンツを、再び履ける日がやって来ると思います。その日が来るまで、ぜひ頑張りましょう。カジュアルなパンツは一般的に動きやすい物であり、外出で歩く際も動きやすいと思います。ビビットな色の物もあって、ファッション性の高いパンツも多数販売されています。

かっこいいスタイルのパンツを履きこなし、街中を「さっそうと歩く自分の姿」をちょっと想像してみましょう。頑張って「お腹周り」を鍛えようと、改めて思えるでしょう。

なお、お腹周りの「ぜい肉」は、比較的「痩せやすい」と言われています。よって、お腹が引っ込む可能性は、決してゼロではありません。

注意点

すぐには痩せません

バランスボールを使い始めたからといって、すぐに痩せるという訳ではないようです。
まずはバランスボールを使うことで、インナーマッスルを鍛えます。そして「体の歪み」を、治してゆきます。「体に歪み」があると、例えば腹筋を鍛えても、お腹が出ているという状態になってしまいます。

バランスボールを使ったトレーニングで、良い体型を目指しましょう。筋力トレーニングにもなるので、筋肉の量を増やすことになります。軽い運動であり、気分転換にもなります。リラックスできる運動方法としても、おすすめです。

バランスボールで腰痛になってしまう?

ところでダイエットグッズと腰痛の関係について、しばしば議論されることがあるようです。例えばバランスボールを使うことで、腰痛になってしまう可能性がある。だからやめたほうが良い。そう指摘する方もいるそうです。

この指摘は、半分正しくて半分違うようです。曖昧な言い方になりますが、要はバランスボールの使い方や、その人の腰痛の状態によるということです。バランスボールの上に座る事は、背筋に力を加えることになります。もともと腰痛になる可能性が高い人なら、当然腰痛を引き起こす「きっかけ」となるでしょう。

まずは自分が「どんな姿勢になると腰が痛むのか」、知っておくと良いでしょう。そうすればバランスボールを使う上でも、腰を痛めない姿勢を維持しつつ使えると思います。

バランスボールで体をトレーニング

バランスボール運動

私は最近、すっかり運動不足です。
このままではいけないと思い、以前にネット通販で購入したバランスボールを使い、運動することにしました。ストレッチやヨガなど、運動にも色々あると思うけれど、一番手軽にできそうだったからです。

私が使っているバランスボールは、表面がボコボコしているタイプになります。これは滑らなくて、とてもいいと思います。

最初は普通に座る場合でも、バランスを取るのが難しかったです。でもだんだんと、できるようになりました。
バランスボールで行なう運動の「やり方」は、本やネットなどで紹介されていると思います。簡単な運動で良いので、やってみましょう。

なお、海外の学校では、授業で使う椅子がバランスボールになっているところもあるそうです。姿勢も良くなり集中力もアップする、ということです。椅子に座る場面でも、ぜひバランスボールを使いましょう。

実はバランスボールは、ヨーロッパ地方でリハビリ用の器具として、病院で使われていました。しかし最近になって、バランスボールのトレーニング効果が高いので、プロのスポーツ選手やダイエットをしている人たちが、幅広く使うようになってきました。
ここまで聞く限り、とても優れたボールと言えます。まだバランスボールを使ったことがない人は、ぜひ使ってみましょう。

サイズ選び

ちなみにバランスボールには、様々なタイプがあります。利用目的や身長に合わせて、選ぶことになります。以下を、参考にしてください。

  • 身長 100cm未満……サイズ 35cm。
  • 身長 100~120cm……サイズ 45cm。
  • 身長 120~155cm……サイズ 55cm。
  • 身長 155~170cm……サイズ 65cm。
  • 身長 175~190cm……サイズ 75cm。
  • 身長 190cm以上……サイズ 85cm。

一般的には、バランスボールに座って膝を曲げた時に、膝の角度が90度になる物が最適だそうです。

なお、ボールの「サイズ選び」に迷った場合、大きめの物を選ぶほうが良いです。なぜならボールに送り込む空気の量によって、サイズを調整できるからです。
大きめのバランスボールを使う場合、空気を「やや少なめ」にすれば大丈夫です。しかし小さいサイズのボールの場合では、そのようなサイズ調節を行なえません。

健康器具
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム