猫背を矯正してバストアップ

胸を小さいままにする生活習慣

胸が小さいことをコンプレックスに思っていても、「遺伝的な問題だからどうしようもない」と思っている女性がいるかもしれません。

しかし「胸の大きさ」は、遺伝よりも「普段の生活習慣の影響が大きい」というのが専門家の意見です。食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足などがバストの成長を妨げている可能性があります。
親子や姉妹で「胸の大きさ」が違うということは、よくあることです。なので、あきらめる必要はありません。

もしバストアップを考えているなら、自分の生活習慣を見直しましょう。Aカップのままなのは、何気なく続けている生活習慣のせいかもしれないからです。例えば、普段の姿勢です。

姿勢を正しましょう

大きな胸に憧れている人は、まず姿勢を見直すことを常に意識しましょう。
姿勢の悪い女性は、思ったよりもいるようです。背骨が曲がっていると、血流が悪くなります。そんな状態では、バストに十分な栄養が行き届かなくなります。左右のバランスも悪くなってしまいます。

胸が小さいままの人は、猫背になっている人も多いです。ボディラインに対して胸がくぼんで見えたり、体への血行が悪くなったりして、胸を大きくしたくてもできない状態になっています。
このように胸を大きくしたいと思っても、体の血行が悪くなり、胸が大きくならないのです。

まずは、姿勢を正しましょう。そうするだけで、バストを2センチから3センチほど大きくできます。
姿勢が正しくなると呼吸が以前よりも深くなり、基礎代謝がアップします。ダイエットの効果も期待できます。

なお、正しい立ち方とは、「背中」と「お尻」「かかと」が一直線になるような状態です。歩く時も、この姿勢を意識しながら歩きましょう。自分では気づかないうちに、背中を丸めて歩いている場合があるからです。

猫背を矯正してバストアップ

バストアップを目指す

バストが小さく見えてしまう原因の一つに、猫背という「姿勢の悪さ」があります。
どんなに努力して胸を寄せて上げたとしても、猫背だと「その効果」が出ません。だから普段から猫背の人は、それを矯正する必要があります。

猫背を矯正して胸を張ることを意識するだけで、数センチほどバストが上がるでしょう。
いつも背筋を伸ばして、胸を張って堂々と歩くことを意識してください。
座りっぱなしで猫背になりがちな方は、たまに休憩して「背伸び」をしましょう。背伸びすることは簡単です。座ったままでもできます。背中の縮んでいた部分に少し「痛み」を感じるかもしれませんが、「気持ちがいい」と思います。

また、猫背を矯正することで呼吸法も変わってきます。
それにより基礎代謝が良くなり、ダイエットに対しても良い効果を期待できます。
バストアップとダイエットに興味がある方は、ぜひ猫背を改善しましょう。

猫背矯正用ベルト

気づかないうちに猫背になっている、そんな事がよくあります。常に背筋を伸ばしている事は、結構疲れます。なので楽な姿勢を取ろうとして、結果的に猫背になってしまうようです。

だけどバストアップするために、猫背を何とか解消したい。そんな方は、猫背矯正用ベルトを利用してみるといいかもしれません。

いくつかのメーカーから、猫背矯正用ベルトと呼ばれる物が出ています。それらの多くの物は、ゴムなどの力を使って猫背を矯正する物となっています。そのようなベルトを装着する事で、背中を「引っ張っている感じ」にします。その使い方については、短時間装着する物や長時間つけていられる物があります。

なお、このベルトを用いても、背中などの筋肉を鍛える事はできないそうです。あくまでも、知らないうちに猫背になってしまうのを防ぐためのグッズと言えます。

正しい姿勢を習慣化

美しい姿勢を保つためには、それに必要な部位の筋肉が必要です。だけど「体作り」ができていなければ、美しい胸を支えて維持することはできません。
姿勢はなかなか直せませんが、正しい姿勢を習慣化するように心がけましょう。



タイトルとURLをコピーしました