食物繊維があって低カロリー、果物を食べてダイエット

果物ダイエット

食べることで痩せたい場合、手軽にできる果物ダイエットという方法があります。
例えば「どうしても甘い物」を食べたくなった時、「ケーキの代わり」に果物を食べたりする「やり方」です。

果物には、食物繊維が含まれています。これは、ダイエットの強い味方になります。
その他にも、カリウムという物質が含まれています。これは利尿作用を持っていて、「むくみ」を解消してくれます。
さらに、糖分や脂質の燃焼を促進してくれるビタミン類も、豊富に含まれています。

やり方

朝に果物を摂取すると、その後のエネルギーとなります。よって脂肪になることは少ない、と言えます。
朝から昼までの間食を果物に置き換えたり、朝ご飯と一緒に摂取したりすると、痩せる効果を期待できるでしょう。

人間の体は、朝の時間帯に体内の毒素を排出するとされています。毒素の排出機能が活発に働く時間帯は、午前4時から正午までと言われています。
なので朝にフルーツを食べると、フルーツに含まれている酵素が体内の毒素排出を手助けしてくれます。よって、ダイエットの効果を期待できます。

夕食

夕食については、栄養のバランスを良くして、脂っこすぎず、腹八分ということが大切です。夕食の後は、そんなに活動することはないでしょう。なので、食べ過ぎしないようにしてください。

就寝前

夜に果物を摂取すると消費されることなく睡眠することになるため、中性脂肪になりやすいです。
これは、果物に限ったことではありません。ダイエット中の場合、夜寝る前に食べるのをやめたほうが良いです。

夜食

もしも夜食としてラーメンやスパゲティなどを食べたくなったら、先に果物を食べましょう。そうすれば、急激な血糖値の上昇を防げます。

ただし出来るなら、夜食を食べないほうが良いです。胃腸が疲れてしまうからです。
夜食を食べると、胃腸は食べ物を消化するために働きます。胃腸は休むことができず疲れてしまい、その「疲れ」が病気の「きっかけ」になることもあります。

「食べ過ぎ」に注意しましょう

ダイエットでは、食物繊維をたっぷり取りましょう。
積極的に果物や野菜を取るようにすると、便秘などを解消できます。栄養も豊富なので、毎日多めに食べるようにしてください。

ただし、果物の取り過ぎに気をつけましょう。果物は糖分なので、注意が必要です。
果物には、ダイエットに役立つ成分が含まれています。ですが、

果糖という物質は中性脂肪になりやすいです。

なので、食べ過ぎしないようにしてください。
果物は低カロリーで健康に良い食材と言っても、食べ過ぎると逆効果になります。

美味しい果物を食べてダイエット

果物以上のように、美味しい果物を食べて健康的にダイエットを行なう方法があります。
欧米では、フルーツと生野菜を摂取することで肥満を解消して、病気も克服している人がいるそうです。これは「ナチュラル・ハイジーン」という健康理論に基づいて、実施されています。

果物は、水分が多い食べ物です。このように水分が多い食べ物はボリュームがあるのに、カロリーはそれほど高くありません。そして果物を食べた時、満腹感を得やすいです。なので、食べ過ぎを防止するのに役立つでしょう。
そんな果物という食材を、ぜひダイエットに活用してください。



タイトルとURLをコピーしました