空腹で悩まなくて良い「1日5食ダイエット」

ダイエットでは空腹を我慢できず、いつも挫折します…。

1日5食ダイエットは、空腹を感じないダイエットです。
例えば、3時間おきに食事をすることになります。

1日5食にしたら、痩せる可能性があります。
※1日5食ダイエットについては、専門医の指導の下で行なうほうが安全です。

空腹を感じない、1日5食ダイエット

過去に、色々なダイエット方法がありました。
その中の一つに、ハリウッドセレブの間で話題となった「1日5食ダイエット」というものがありました。

このダイエットを実践した「あるセレブ」は、2ヶ月弱という短期間で65kgから54kgまで減量できたそうです。
11kgの減量に成功したことになります。

この「1日5食」という方法の良い点は、以下のものがあります。

  • 空腹を感じないこと
  • 同じ食べ物を食べ続ける、というストレスがないこと。
5食
5食・イメージ画像

1日5食ダイエットの「やり方」

1日5食ダイエットの「やり方」について、ご紹介したいと思います。

食事の仕方については、まず1日のうちに食事を取る時間を決めましょう。
5回の食事について、時間を決めます。

多くの場合、だいたい3時間おきに食事をすることになるでしょう。

このようにすることで、空腹を感じることがなくなります。
そしてインスリンを過剰に分泌させることを抑えられる、と思います。
体脂肪が付きにくい体質になれるでしょう。

炭水化物や食物繊維を取り入れること

食事の半分において、炭水化物を取り入れるようにしてください。
主食だけを食べるのではなくて、

野菜や豆類、果物という炭水化物を含む食材を、1食において半分を占めるようにします。

1食当たり、5gから10gの食物繊維を取ることも大切です。

効率的に食物繊維を摂取するためには、野菜や果物の皮も食べるようにしましょう。
豆類にも、食物繊維が豊富に含まれています。

ダイエット中では、ビタミンの摂取も大事です。
ビタミンを効率良く吸収するためには、良質な油を使ってください。

あと、雑穀米や玄米、全粒パンという食品は、血糖値が上がりにくいです。
なので、このダイエットで食べるのに、おすすめの食品です。

また、代謝を促すために、1食の3分の1において、低脂質・高タンパク質の食品を食べましょう。

「水」や「お茶」を飲むこと

ダイエット中に飲む飲み物は、「水」や「お茶」というノンカロリーの飲み物が良いです。たっぷり飲むと良いです。

2回の食事では、野菜などを食べること

なお、朝・昼・晩以外の2回の食事では、野菜や果物、豆乳などを食べることがおすすめです。

※1日に5食という食事は、思ったよりも実行するのが難しいかもしれません。
5食ということより、「食べすぎてしまう恐れ」もあります。
1日5食ダイエットについては、専門医の指導の下で行なうほうが安全です。

【まとめ記事】空腹は嫌だから、食べてダイエット

食べてダイエットする場合、 1日3回、適切に食事を食べる。 間食をしないようにする。 基本的に、このような食べ方で良いです。