中年太りで困っているなら、基礎代謝を上げましょう

昔より太った…

中年太り

嫌な言葉、聞きたくない言葉だと思います。特に実際に中年になると、自分でも驚くほどに太ってゆきます。

「中年太り」の原因としては、若い頃に比べて体を動かさなくなった、それなのに食事の量は変わらない。変わらないどころか、むしろ食べ過ぎる事が多いなどが挙げられます。

社会人になると、どうしても大人の付き合いで(仕事上の付き合いで)、飲んだり食べたりしなければならない場面もあります。

中年太りの解消法・基礎代謝の向上

若い頃と食事量は同じなのに、年を重ねるごとに太ってきた…。
そんな人もいると思います。そうなった原因の一つは、基礎代謝量が減少したことです。

基礎代謝量が減ることにより、普段の生活で必要なエネルギーが少なくなっています。その結果、若い時と同じ量を食べていると、どんどん体の中に余分なエネルギーが蓄積されてしまう訳です。

体がカロリー取り過ぎ状態になった際、なるべく太らないためには、基礎代謝をアップする必要があります。

筋トレ運動して基礎代謝を上げる

腹筋運動している女性

基礎代謝を上げることで「中年太り」を防ぐには、やはり筋トレ運動して筋肉量を維持する事増やす事が必要です。

ダンベル運動や腹筋・背筋の運動など、中年になっても筋トレ運動しているほうが基礎代謝を維持できる(減少を防げる)、と思います。

こうした運動だけでなく、通勤時にエスカレーターを使わず階段を使う、コンビニへ行くのに車を使わず歩くといった行動をすると、それだけ運動効果を期待できます。

ダイエット目的の運動で一番大切なことは、毎日続けることです。自分に合った、無理なくできる運動を見つけてください。

いつでもカロリーを消費する筋肉

体内に蓄積された筋肉は、脂肪になることなく継続的にカロリーを消費します。つまり、筋肉がたくさんついていればいるほど、その筋肉が体のどこについているかに関係なく、消費カロリーが増えるということです。

筋肉をつけている限り、どんどんカロリーを消費していきます。寝ている間、動画を見ている間、読書をしている間、カロリーを消費します。
それだけ筋肉はカロリーを必要とするものなのです。

現在、筋肉よりも脂肪のほうが多い方でも、がっかりしないでください。筋トレすれば、その分、筋肉が増えます。少しずつかもしれませんが、筋肉が増えてゆきます。
増えた筋肉によって、体は自動的にカロリーを消費するようになります。

摂取カロリーの調整

運動して筋肉量を増やしても、食べ過ぎていたら、やっぱり太るかもしれません。もしも油を使った料理を食べ過ぎていたら、どんどん太ってゆくでしょう。

中年になったら食材にも気を配りましょう。「ごぼう」や「こんにゃく」という低カロリーで腹もちする食材も食べたりしてください。

日常生活で基礎代謝を上げる

近年では、基礎代謝の低い人が増えていると言われています。その原因として運動不足や偏った食生活、間違ったダイエットなどが考えられます。

適度に運動すること・食生活を改善することが、基礎代謝の向上に繋がります。中年太りに「お悩みの方」は、日常生活で基礎代謝を上げることを意識してください。

なお、基礎代謝がアップすると、美容面でも良い効果を期待できます。
基礎代謝量が増えると、全身の細胞に酸素や栄養素が運ばれることになります。つまり新陳代謝が活発になり、全身の細胞が若々しくなります。
細胞が若返ることによって、顔や髪の毛に艶が出てきます。美しくなります。

【まとめ記事】太りにくい体を作る決め手、基礎代謝を上げること

基礎代謝を上げる、つまり基礎代謝量を上げることが、太りにくい体を作るのに重要です。 基礎代謝量を上げる方法には、以下のものがあります。 運動して筋肉量を増やすこ…