ダイエット中に食べて良い、太りにくい「おつまみ」

太りにくい「おつまみ」

「ダイエット中だけど、やっぱり『お酒』を楽しみたい」
 

我慢するだけのダイエットは、続かないでしょう。

ところで「お酒」と言ったら、「おつまみ」が美味しいです。ここでは、「おつまみ」を楽しみにしている方に向けて、太りにくい「おつまみ」をご紹介したいと思います。

どんな食品があるかと言うと、

野菜や果物、ナッツ類・きのこ類・魚介類・海藻類・チーズ・豆腐

などがあります。これらの食材が「おすすめ」です。

お酒別に言うと、日本酒では刺身や酢の物、湯豆腐・さしみこんにゃく・煮物などが良いでしょう。
ビールでは、枝豆・イカ焼き・魚介類の鍋料理、キムチ豆腐などです。
ワインでは、チーズやフルーツ、サラダやナッツなどが「おすすめ」です。

一般的に言って、ダイエット中の「おつまみ」として良い食品は、塩分とカロリーが控えめで、ビタミン・ミネラルが豊富、そして高タンパク質な食品となります。
このような「おつまみ」を食べれば、太りにくくなるだけではなくてアルコールの代謝も良くなり、二日酔いの予防にもなるからです。

ダイエット中だからこそ、「おつまみ」のカロリーや栄養バランスに気を配りましょう。

ダイエット中に食べて良いナッツ

例えばビールの「おつまみ」に、ナッツを選ぶことがあると思います。
ナッツはカロリーが高くて、「ダイエットには不向き」だと思っているかもしれません。
ところが、

ナッツは栄養がとても豊富であり、実はダイエットには最適な食品ということです。

ナッツ類植物性食品であるアーモンドやカシューナッツなどのようなナッツ類は、コレステロールがありません。良質なタンパク質、ビタミン・ミネラル、そして食物繊維が豊富に含まれています。

日常的にナッツを食べることによって、動物性タンパク質が多くなりがちな食生活に、植物性タンパク質を積極的に取り入れることができます。

そして固いナッツは、噛みごたえがあります。噛めば噛むほどナッツ本来の「美味しさ」を味わえます。
よく噛んで食べることで満腹中枢を刺激できて、食べ過ぎを防いでくれます

ただし、ダイエット中であることを忘れないでください。
「おやつ」で食べる時は食べる量を決めておきお皿に取り分けましょう
また、朝食では、グラノーラとして牛乳やヨーグルトと一緒に食べたりしましょう。

ナッツ類はとても美味しくて食べやすいので、つい手が止まらなくなってしまいます。なのでカロリーの取り過ぎにならないように考えつつ、ナッツを食べましょう。