旨味や栄養がギュッと詰まった乾燥野菜

乾燥野菜

冷凍野菜など、野菜を簡単に利用できるようにした食品があります。その中の一つに、乾燥野菜があります。乾燥野菜と言われる物には、どんな物があるでしょうか。

乾燥野菜の中で伝統的な物と言えば、

切り干し大根や干ぴょう、干し芋や干し椎茸などが挙げられます。

その他には、「人参・ささげ・ほうれん草・なす・じゃが芋・かぼちゃ」などがあります。これらは、乾燥野菜に適した野菜と言えます。

乾燥野菜野菜は、乾燥させる事で水分が抜けて、栄養や旨味が凝縮されます。
例えば切り干し大根は、生の同じ重量の大根と比べて、鉄分が約50倍に、カルシウムが約20倍にアップする事が知られています。

また、椎茸についても、生の椎茸に比べてビタミンDが約10倍にアップするそうです。その他の栄養素についてもアップします。

野菜を乾燥させることは、保存するためだけでなくて、栄養や風味をアップさせるためにも良い方法です。

野菜チップス

伝統的な乾燥野菜として、切り干し大根や干し椎茸などがあります。
そして乾燥野菜の新しい物の一つとして、野菜チップスという「お菓子」があります。スーパーの「お菓子コーナー」などで、よく見かけます。成長期の子供や健康を気遣う大人が、おやつ代わりで食べられる食品です。

野菜チップスの基本的な製造過程は、原料入荷・洗浄・カット・ボイル・糖浸漬・乾燥という手順で行なわれます。
乾燥は6時間から12時間くらいで、低温(約50℃から70℃)で行なわれます。これによって、野菜の栄養が濃縮された状態になります。

野菜チップスには、ブドウ糖が使用されているそうです。ブドウ糖を使用する理由は、吸水性を高めて戻し時間を早くするためと、乾燥状態の時に破損するのを防ぐため、ということです。
ブドウ糖は、ほんの少し添加するだけで、「その様な働き」をするそうです。干し椎茸を戻す時、砂糖を一つまみ入れる事があります。これは、手順として理に適った事と言えます。

おやつ代わりに最適です

野菜チップスは、おやつ代わりとしてそのまま食べても美味しいです。
例えば、野菜チップスの「人参・さつまいも・かぼちゃ・いんげん・れんこん」などは、そのままで食べても美味しい野菜チップスです。

野菜チップスは、長時間・低温乾燥された野菜です。なので熱湯で戻すと、より生野菜に近い状態になるそうです。

なお、野菜チップスの中には、乾燥させるのではなくて揚げてある物があります。でも、健康の事を考えると、乾燥させてある野菜のほうを選ぶと良いでしょう。

野菜チップスを始め、乾燥野菜は栄養面や味のバラエティーなどから考えても、ぜひ活用したい食品だと思います。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム