家事をしながら行なえる「ながら運動」で痩せましょう

掃除する女性ここで紹介する運動は、忙しい家庭の主婦(主夫)でもできる運動です。家事をしながら運動する、ということになります。
例えば、以下のような「ながら運動」を行なう方法があります。

  • 部屋を歩きながら、膝を高く上げて歩く。
  • 部屋を歩きながら、「かかと」で歩いてみる。
  • 料理をしながら、足踏みをする。
  • 掃除をしながら、膝をゆらしてみる。

このような方法なら、手軽に行なえると思います。ちょっとした工夫で運動できるでしょう。

年齢を重ねてくると、段々と体型が変わってきたりします。
「太ったのでスポーツジムに通う」「太ってきた、だからエステに通う」と、考えるかもしれません。ただし続けることは、「時間」や「お金」の点で「なかなか難しい」かもしれません。

なので、まずは日常生活の中で、ちょっとした運動を取り入れてみましょう。
家事をしながら、ついでに運動をするという風に「ながら運動」をしてみましょう。
参考になるサイトがあります。ぜひご覧ください。

掃除機を使う掃除

家の中でできること、例えば家事の中でも「ながら運動」を行なえます。
一つの例として、「掃除機で掃除しながら運動」があります。

  1. まず掃除を始める前に、水分補給を行ないましょう。コップ1杯の水を飲みます。
  2. 掃除機を持って両足を揃えて立ちます。お腹に少し力を入れて、腹筋を伸ばします。
  3. 手で掃除機を動かすのに合わせて、膝を上下させます。膝は、つま先より出ないように少し曲げます。リズミカルに曲げることがポイントです。

移動する時は、足を1歩大きく踏み出しましょう。その際、後ろの足を伸ばすようにすると効果的です。
これらの動作に慣れてきたら、少し体にひねりを加えてみましょう。脇腹や腰などの「ぜい肉」を引き締める効果を期待できます。

窓拭き掃除

普段の生活で掃除をしたり家事をしたりすることは、なんとなく面倒に思います。しかしこれらの事を、ダイエットに結び付けてみましょう。「ながら運動」として、ぜひ活用してみてください。
例えば「窓拭き掃除」をする際、意識して運動を行ないます。

  1. まず背筋を伸ばします。肩に力が入らないようにします。
  2. 雑巾を動かして窓を拭きます。「その拭く速さ」に合わせて、「ハッ、ハッ」と声を出して、息を吐きましょう。

この時、腕や肩を始め、胸や背中の筋肉も意識して動かす事がポイントです。

ゴミ出し

また「ゴミ出し」の際にも、意識して運動しましょう。

  1. ゴミ袋を、左右に持ちます。
  2. 腕を水平に左右に広げて、1秒間静止します。
  3. そして降ろします。

この動作を繰り返します。ゴミ袋を、ダンベルのように活用して運動します。

ダイエット運動
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム