「心地良い香り」で心身を改善する、芳香療法のアロマテラピー

芳香療法

近年アロマが注目されています。アロマテラピーという言葉も、認知度が高くなってきました。ボディケアの美容製品においても、アロマが使われている物があります。

アロマテラピーとは、

「香り」によって心身の改善を目的とする芳香療法です。「香り」の成分は、植物の精油を用います。

アロマの精油は、「香り」として嗅覚から伝えることと、皮膚粘膜から浸透させてゆくことの2つの方法を、用いることができます。

嗅覚から「香り」を伝える場合、部屋に「アロマの香り」を漂わせる「やり方」があります。例えばアロマポットを使ったりします。

もしもポットがない場合は、マグカップでも代用できます。マグカップに熱湯を注ぎ、その中にエッセンシャルオイルを入れます。これだけで一応、嗅覚から「香り」を伝えるアロマテラピーを行なえます。

複数のアロマオイルを集めて調合しても、特に問題はないと言われています。
例えば「好きな香り」のアロマオイルを集めて、色々と調合を試してみるのも良いでしょう。エッセンスの配分が違えば、そのアロマオイルの「香り」も違ってきます。
その時の気分に合わせて、エッセンスの分量を変えてみると楽しいでしょう。

ただし複数のアロマオイルを混ぜ合わせる際、念のため、それぞれのアロマオイルの使用上の注意点を確認してください。

アロマ精油の効果

アロマの精油による作用としては、

  • 心や体の活動を刺激して高める、という刺激作用
  • 「心身の各部」や「全体の働き」を活性化して強化する、という強壮作用
  • 尿の排泄を促進する利尿作用

アロマ

以上の事などが知られています。

アロマテラピーでは、一つの精油の中に「いくつかの作用」が混ざっています。これらの作用が合わさり、様々な効き目を産み出しています。

近年アロマテラピーは補助的な医療として、医療の現場で少しずつ受け入れられています。精油は医薬品ではありませんが、その効能が注目されつつあります。

肩こり解消

アロマ精油の使い方の一つとして、肩こりに効くと言われている精油を湿布にして肩に貼る、という使い方があります。肩が楽になったりするそうです。

まるで湿布を使うようにして、アロマテラピーを行なう方法があります。
ここで言う湿布とは、タオルを使います。エッセンシャルオイルを水で薄めて、そこにタオルを浸します。水を絞ってから患部に押し当てる方法になります。
このようにすることで、肌からアロマを取り入れることができます。

足の疲れ軽減

足が疲れている場合、お湯に数滴の精油を垂らして足浴をしたり、精油を加えたオイルでマッサージしたりします。そうすると、足が軽くなった気分を実感できるようです。

痔の治療をサポート

精油の効果と言えば、精神面への効果がよく知られていると思います。ですが、ちょっと意外な効果として痔の治療があります。
痔の原因となる「冷え性の改善」や「便秘の解消」に、精油の効果を期待できるからです。

  • 冷え症の改善
    冷え症の改善では、ゼラニウム・ジュニパー・ローズマリーがあります。冷え症の解消方法ですが、それらオイルを数滴、浴槽に入れて入浴すると良いでしょう。
  • 便秘解消
    便秘解消の効果を期待できるオイルには、カモミール・オレンジ・マージョラム・ローズがあります。

お肌のシミ対策

一般的にアロマテラピーはストレスの改善に良いと言われていますが、お肌に対しても効果があるとされています。天然成分が肌に浸透すると、その成分が皮脂から血管まで届きます。そして全身に行き渡ります。あらゆる肌の部分に作用してくれます。

お肌のシミ対策に効果を期待できるキャリアオイルもあります。たくさんあるアロマオイルの中でシミに対して効果的と言われている物は、ジャーマンカモミールやフランキンセンス、ラベンダーやキャロットシード、ネロリやローズウッドなどです。結構、数多くあります。

これらをキャリアオイルで薄めて、肌の「お手入れ」をします。そうすることで、シミは薄くなってゆきます。

なお、これらは薬品ではありません。なので即効性は、ありません。しばらくの間、肌の「お手入れ」を継続することが大切と言えます。

精油を使う際の注意点

なお、精油を扱う際には、注意する点がいくつかあります。
例えば精油によっては、「アロマの匂い」を嗅ぎすぎると、気分が悪くなってしまう場合があります。このように気をつけるべき点があります。

アロマテラピーには副作用がありません。確かに副作用がないアロマオイルですが、使用期限はあります。
劣化したアロマオイルは、酸化しています。なので使うと、悪い作用が起きる可能性が考えられます。もしも「香りがおかしい」と思ったら、そのアロマオイルの使用を中止してください。

また、アロマオイルには引火性があります。保管する際は火気に十分注意して、高温多湿を避けて保管しましょう。

高血圧・心臓が弱い人

アロマの使い方はマッサージを始め、部屋の芳香としても使えます。他には、お風呂にアロマオイルを数滴たらして、芳香浴として楽しむ「やり方」もあります。

このように、使い方はそれぞれありますが、気をつける点として、高血圧心臓が弱い人は、使用するアロマの種類に注意する必要があります。

「好きな香り」を見つけても、アロマを嗅ぐことによって体調が悪くなってしまっては、がっかりです。健康に不安がある人は、医者に相談してからアロマを使うほうが良いでしょう。

リラックス方法の一つ・アロマテラピー

癒されている女性

アロマテラピーとは、「香り」によるリラックス方法と言えます。木や花から抽出された「エッセンスの香り」を嗅ぐことで、脳に「癒やし」をもたらすリラックス方法です。
鼻は脳に近いので、「香り」をキャッチしてから脳に伝達するまで早い、と言われています。

アロマエッセンスは種類が豊富なので、選ぶ時、迷ってしまうかもしれません。
選び方として、「改善したい症状に効果的な香り」を選ぶ方法があります。
または、よく知られている「馴染みやすい香り」の物でも良いでしょう。例えば「ラベンダーの香り」です。
そうやって探しているうちに、「これだ!」と思える「香り」に出会えると思います。

なお、「一つの香り」だけで、色々な体の不調に効果がある訳ではありません。「ストレス解消のための香り」、「肌トラブル解消のための香り」は、それぞれ違います。まずは、自分が改善したいと思う点に「当てはまる香り」を、選んでみましょう。

アロマテラピーを行なっただけで、体の不調が治るという保証はありません。
保証はないですが、アロマは私たちの体や心に影響を与えること、良い方向(改善する方向)に働き掛けてくれること、これらについては間違いないと言えます。

アロマテラピーには、症状を緩和する効能があります。ただし薬ほどの効き目は、ないでしょう。しかし、アロマエッセンスの効能と緩和したい症状が一致すれば、効き目を期待できます。
効き目を実感できるまで、長期的に使用しても副作用はありません。よって安心して使い続けられるでしょう。

アロマ
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム