お酢も有効、ワキガのニオイを消す方法

消臭剤

ワキガ対策の消臭について、お話したいと思います。
ワキガの症状の程度が軽い場合(普通に日常生活を送れるくらいの場合)、ニオイの分子を吸着してくれる消臭剤を使用してみましょう。それでワキガ対策になります。

消臭に関する化学については最近進歩してきており、ニオイの元を無臭の成分にしてしまう消臭剤も登場しています。
また、悪臭の元となる成分を包み込み、ニオイを発生させないようにする消臭剤もあります。
効果の高い消臭剤を見つけて、使ってみてください。

お酢を飲む事

ワキガ対策には先程言った消臭剤を使う、という対策があります。別の対策としては、お酢を飲む事があります。

お酢を飲むと、ワキガの「臭い消し」に効果的と言われています。

「筋肉痛や肩こり」の元となる疲労物質の乳酸は、汗腺の中で増加するとアンモニアが大量に分泌されます。これは、ワキガ臭をキツくさせる原因となります。

しかし「お酢を飲む事」で、乳酸が体内で溜まりにくくなります。そして「血液の流れ」も良くなります。なので「お酢」には、乳酸を排出してくれる作用を期待できます。

ワキガのニオイを抑えるためには、「良い汗」をかくことも大切です
お酢には、「良い汗」に必要なカルシウムを体内に吸収させようとする働きがあります。なのでワキガ対策として、毎日の生活で「お酢」を飲むようにしてみましょう。

お酢を飲む事は健康にも良くて、ワキガの対策にもなります。もしもワキガのニオイに悩んでいるなら、一度試してみると良いでしょう。

お酢風呂

入浴して汗をかくまた、体臭を軽減させたい時、お酢風呂に入ると良いです。

お酢入りの湯船に浸かると、お酢に含まれているクエン酸の効果により、肌が弱酸性に保たれます。よって雑菌の繁殖を抑える事ができて、体臭を防ぐことに繋がります。
その際、開いた毛穴からクエン酸が吸収されると、アンモニアのニオイがする汗を抑えることもできます。

やり方

お風呂に「お酢」を入れるタイミングは、入浴の直前です。
お酢の量は、コップ半分より少ないくらいです。少しの量で良いです。量が少ないので、浴室が酢のニオイに満たされる事もないでしょう。

体が汗臭い時、この「お酢風呂」を試してください。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム