リラックス感あふれる「ひのきの香り」を楽しめる、酵素風呂

「ひのき」の「お風呂」

ひのき(檜)を使った「お風呂」は、心地良い香りがします。ですが、家庭の浴槽が「ひのき風呂」だという所はあまりない、と思います。

ちなみに家庭の風呂でも、「ひのきのチップ」や「おがくず」をガーゼなどに包んで浴槽に入れれば、まるで「ひのき風呂のような香り」を体験できます。
なお「おがくず」については、湯船に浮いた体の垢を取り込む効果もあるようです。

酵素風呂

数ある「お風呂」において、マイナスイオンが発生して「まるで森の中にいるような感じ」で入浴できる「お風呂」がある、と聞きました。

それは、酵素風呂と呼ばれる物です。「ひのき」のパウダーから発生する熱を利用して入浴する「お風呂」です。

檜がある森「ひのき」のパウダーに酵素を混ぜ込むことで自然発酵させて、発熱させるそうです。
この時の熱の温度は50度以上になるそうですが、体感的には40度くらいだそうです。「ひのき」のパウダーに空気が含まれているため、熱伝導が低下して40度くらいになるようです。

ここまでお読みになって気づいた方もいると思いますが、お風呂と言っても「ひのき」のパウダーの中に入ることになるので、裸になる必要はありません。服を着たまま(汗をかいても良い服を着たまま)パウダーの中に埋まる形で入浴できます。

「ひのきの香り」を楽しめる「お風呂」なので、マイナスイオンの効果を実感できる「お風呂」と言えるでしょう。リラックスしたい方に、ぜひ一度体験していただきたい「お風呂」だと思いました。

お肌にも良いと言えます

肌が「くすむ原因」の一つに、新陳代謝が遅れていることが挙げられます。
新陳代謝が遅れている場合、本来ならはがれ落ちるはずの角質が、落ちないで肌に溜まっていきます。古い角質は、既に死んでいる細胞です。なので、生きている細胞より色が暗くなっています。それが、「くすみ」の原因となってしまう訳です。

肌の「くすみ」を改善するためには、この古い角質を落とすことが有効と言えます。その方法の一つに、酵素洗顔が挙げられます。

また、酵素と言えば、先ほど言った酵素風呂もあります。「ひのき」のパウダーに酵素を混ぜて自然発酵させて、その熱を利用して入浴するという風呂のことです。混ぜ込む酵素は、天然素材から抽出した物になります。

何回か繰り返して酵素風呂に入浴することで、代謝が良くなります。

そして血行も良くなってきます。体の代謝が良くなる事は、美容そして肌においても良いと言えます。

※自宅の「お風呂」で使える「酵素風呂の入浴剤」があります。ご検討ください。

美容
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム