野菜を食べて、「日焼け」の色素沈着を防ぎましょう

美白効果を期待できる野菜

野菜においては、度々「新野菜と言われる物」が登場しています。そしてその新野菜の中には、美肌や美白の効果を期待できる野菜があったりします。例えば過去には、グラパラリーフという野菜がありました。

グラパラリーフの見た目は、サボテンのような形をしています。形を見ると、なんとなく食べるのをやめたくなってしまうかもしれません。
その味は、「酸っぱさ」があります。レモンに近いような感じです。しかし後味は、スッキリしています。フルーティという感じなので、とても食べやすいと思います。
食感については、グレパラリーフの葉は肉厚であり皮が薄いので、パリッとした食感を味わえます。
栄養価については、とても高いです。「1枚の葉っぱ」に、たくさんのミネラルが含まれているそうです。

もちろん新野菜だけが、肌に良いという訳ではありません。従来の野菜も、肌や健康に良い食材です。以前に、夏野菜を食べて美肌になろうというキャッチコピーを聞いたことがあります。野菜に含まれているビタミンCが、夏の紫外線から肌を守ってくれるからだそうです。
美肌や美白に関心があるなら、野菜という食材をぜひ活用してください。

「日焼け」の色素沈着を防ぐビタミンC

「日焼け」の際の色素沈着は、ビタミンCを内服することで防げると言われています。
もしも食品からビタミンCを摂取するなら、野菜を食べると良いでしょう。

ブロッコリーや芽キャベツ、菜の花やピーマンという野菜は、ビタミンCを多く含んでいるからです。

なおブロッコリーは、そのままだと「たくさん食べる」のに苦労するかもしれません。なので例えば、シチューに入れたりして食べましょう。一般的に、野菜は「ゆでたり蒸したり」して食べるほうが、生野菜で食べるよりも食べやすいです。

スプラウト

新芽スプラウトは、多くのビタミンやミネラルを含んでいる野菜として注目されています。スーパーなどで、よく見かけるようになりました。

スプラウトとは、植物(主にブロッコリー)の新芽の事を言います。その見た目は「かいわれ大根」と、とても似ています。

成熟した野菜より、かなり多くのビタミンやミネラルを含んでいます。がん予防に良いという事などから、注目されている野菜です。

最近ではブロッコリー以外にも、レッドキャベツ・クレス・マスタードなどのスプラウトが販売されています。他には「アルファルファ」や「かいわれ大根」、「もやし」「豆苗」という豆の新芽もあります(これらもスプラウトです)。

スプラウトの食べ方には、サラダ・味噌汁・炒め物など様々な食べ方があります。

「日焼け」がひどいなら、治療しましょう

ちなみに「日焼け」は、「やけど」と同じと言えます。なので症状が「ひどい場合」は、薬剤を塗るなどの治療が必要です。症状が軽いなら、濡れたタオルなどで冷やすなどしましょう。

あと「日焼け」を防ぐための紫外線(UV)対策も、予防策として重要です。普段から、「日焼け」の予防に気を配りましょう。