本当に下半身が太っているなら、「脚痩せ」の運動をしましょう

本当に下半身が太っていますか?

「ダイエットの悩み」で、次のような事があります。

「上半身に比べて、下半身が太っている」

「下半身ばかりが太っている。だから、ズボンを履きたくない」

「下半身が太っているので、ズボンにシャツを入れられない」

「どうしたら『下半身痩せ』が、できますか?」

 

女性の脚

このような「悩み」があります。

このような「悩み」を持つ人は女性が多い、と言われています。
しかし「下半身太り」というのは、本当の事なのでしょうか?

女性の多くが、自分の事を下半身が太っていると思いがちです。
しかし周りの人は、それについてどう思っているのでしょうか?
逆に自分が周りの人を見た時、下半身が太っている人はそんなに多いでしょうか?

実際のところ、自分の下半身が太っていると「思い込んでいる人も多い」と思います。

太りやすい原因

しかし実際には、上半身よりも下半身のほうが太りやすい要因は、確かにあります。

レセプターが多い事

女性が「下半身太り」になりやすいのは、脂肪を貯蔵するレセプターが、体の中で特に下半身に多く配置されているからだと言われています。

レセプターとは、脂肪の貯蔵・放出をコントロールする受容体の事です。下半身には、脂肪を放出するレセプター1個につき、脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われています。
そして上半身では、全く逆になっています。なので下半身は、上半身に比べて6倍も脂肪を溜め込みやすくなっている、ということです。

歩き方や姿勢が悪い事

脚が太くなってしまう原因は、肥満だけではありません。歩き方や姿勢も、その原因となっています。

普段から歩き方や姿勢が悪いと、体のバランスが崩れてしまいます。その際、体は無理にバランスを保とうとします。そのため、体のある部分(脚のある部分)が歪み、その歪んだ部分に余分な「ぜい肉」や「筋肉」が付いてしまいます。
この結果、脚が太くなってしまう場合があります。

脚痩せしたい人は、自分の歩き方や姿勢を今一度チェックしましょう。普段、体のバランスを崩していないか、よく見直しましょう。

下半身の運動不足

下半身に比べて、上半身のほうがよく動かすという事があります。
体の中で、一番動かしているのは「まぶた」です。その次に動かしているのは「指」「肘」「手首」ということです。上半身のほうを動かしている事が、よくわかります。上半身なら、座っていても寝ていても動かせるからです。

また、日常生活の中で、上半身というのは案外「ストレッチ系の動き」をしているそうです。
これに比べて、下半身は一定の「動き」しかしていないです(座る・歩くなど)。

自分の気になる「お肉」が下半身の「どの辺り」についているか、よく見てみましょう。たいてい「お尻から太ももの後ろ」にかけて、「ふくらはぎ」の内側などに、余分な肉がついていると思います。
逆に日常でよく使う「太ももの前面」などは、脂肪はついていないと思います。
たまに運動をすると、この「お肉」がついている「周り」の筋肉が、筋肉痛になることが多いようです。それだけ日常生活で、この部分を動かしていないと言えます。

日常的に動かさないなら、動かしてあげれば良い事がわかります。
どうしても「下半身の太さ」が気になる方は、脚を動かすエクササイズをしましょう
エクササイズは、「部分的な引き締め」に最適だからです。

毎日、下半身の運動をしましょう

「下半身の太さ」が気になって悩んでいる方が多い、と思います。

下半身を引き締める方法の一つに、毎日のエクササイズがあります。「ヒップから太もも」にかけてのエクササイズについては、フィットネスクラブに行くと専用のコースがあったりします。

自宅でできる運動としては、スクワットなどがあります。

そして日常生活でできる運動では、自転車が「脚痩せ」に役立つと言われています。
自転車の運動では、脚に負荷が掛かります。なので脚周りの脂肪が、燃焼されやすくなります。
なお、自転車の運転は、全身運動とも言えます。自転車をこぐ時、全身の筋肉をある程度使う必要があるからです。