昇り降りするだけで下半身が「ほっそり」踏み台昇降の運動

気になる下半身太り

上半身については、それほど気にならない。だけど下半身が気になり、痩せたいと思っている……。そう思っている女性の方は、多いかもしれません。

ちなみに、脚が太いことには種類があります。大まかに言うと「脂肪太り」「水太り」「筋肉太り」の3種類があります。

脂肪太り

それらの一つ「脂肪太り」の場合は、「太もも」などを指でつまむ事ができます。「膝の周り」にも、お肉が付いている状態です。さらに「太ももの裏」にも「お肉」が付いていて、筋肉のように固いけれど、筋肉のような筋が出ていません。

この「脂肪太り」を解消する方法は、食べ過ぎない事、そして適度に運動する事です。
「太もも」を動かす運動、例えばスクワットなどをすると良いです。そしてストレッチやマッサージなどで脂肪を柔らかくして、脂肪を取っていく事も大事と言えます。

下半身痩せに「踏み台昇降の運動」

踏み台

下半身ダイエットに効果的と言われている運動の一つが、踏み台昇降関連の運動です。
踏み台を昇り降りする運動や階段を上る事、膝まで高く足踏みする事は、結構いい運動になります。5分くらい続けてやると、疲れが出てきます。運動不足の解消にも良いです。

また、踏み台昇降をすることによって、自律神経のバランスも良くなるそうです。なので「便秘や不眠などの悩み」にも、効果があるようです。

踏み台昇降運動とは、スポーツテストなどで行なわれる「踏み台を昇り降りする運動」のことです。踏み台に上ったり下りたりする運動です。一度は、やったことがあると思います。この運動では下半身を使うので、「下半身痩せ」になります。そして有酸素運動なので、全身の運動にもなります。

準備する物は、踏み台だけです。なので、お金も掛かりません。運動する場所は家の中で良いので、お化粧や服装に気を使うこともありません。

踏み台昇降の運動では有酸素運動をすると同時に、大腰筋・大腿四頭筋・腹筋・背筋・大殿筋を鍛えることができます。一つの運動で「こんなに多くの筋肉」を同時に鍛えられるので、凄い運動と言えます。
もちろん踏み台昇降運動によって、下半身の筋肉を鍛えられます。下半身痩せしたい人は、ぜひやってみましょう。

踏み台昇降の運動を行なう時間については、隙間の時間などを見つけて行なうと良いでしょう。
基本的にいつでも良いですが、食後1時間については避けましょう。運動した後の1時間以内の食事についても、控えたほうが良いそうです。

やめたほうが良い場合

踏み台昇降の運動は、膝や腰に不安のある方が行なうと、さらに痛めてしまう場合があるようです。体に不安があるなら、やめておきましょう。
特に、いきなり高い負荷を掛けて運動することは、絶対に行なわないようにしてください。

もしも踏み台昇降運動を続けている最中に「痛み」が出てきたら、すぐに中止してください。
そんな状態でも運動したい場合は、足腰に負担の少ない水泳などの運動に変更したほうが良いでしょう。

期待できる様々な効果

踏み台昇降では、主に下半身の筋肉を鍛えられます。なので「下半身痩せ」に、とても良い運動と言えます。つまり「下半身痩せ」をしたい人にとって、最適な運動と言えます。ダイエットを行なっている人の中には、特に「下半身痩せ」に注目している人も多いと聞きます。

そして、全身のダイエットのための有酸素運動にもなります。お金も掛からないので、手軽に始められる有酸素運動と言えます。簡単な運動なので、ぜひやってみましょう。

踏み台昇降とは、基本的に有酸素運動をしながら大腰筋・大腿四頭筋・腹筋・背筋・大殿筋を同時に鍛える運動です。運動強度については、自分で簡単に調整できます。

踏み台昇降の運動をして得られる効果には、

  • 階段を昇ったり走ったりしても息が切れなくなる
  • よく眠れるようになる
  • 便秘を解消できる
  • 発汗が良くなる(汗を「たくさん」かけるようになる)

などが、あります。

また、体型については姿勢が良くなったり、体脂肪が減ったり、ウエストが細くなったり、全身が引き締まったり、という効果を期待できます。

痩せる効果が出るまで時間が掛かります

踏み台昇降の効果は、すぐに体重の変化として現れません。体重変化の前に、以下に挙げるような効果が出るそうです。

  • 全身が少しずつ引き締まってきた。ウエストが高い位置で、くびれてきた。
  • 体脂肪が減ってきた。セルライトが減ってきた。
  • 姿勢が良くなった。
  • 走ったりしても息切れしなくなった。汗が出るようになった。
  • よく眠れるようになった。
  • 便秘が解消されてきた。

踏み台昇降の運動では、痩せる効果が現れるまで時間が掛かるようです。しかし長く続ければ、必ず効果が現れてくるようです。

マイペースで良いから根気良く続けると、

痩せたという結果が出てくる

と思います。ぜひ、やってみましょう。

踏み台の作り方

踏み台踏み台昇降の「台の作り方」としては、雑誌や通販カタログ、週刊漫画雑誌などを、ガムテープで「ぐるぐる巻き」にして作る方法があります。

他にも、ダンボールに雑誌などを詰めた物、ホームセンターなどの靴脱ぎ台・便利棚・足の高い「すのこ」などを利用して作れます。

その他にも、コピー用紙の束をクラフト紙などで巻いて作った物や、子供用の風呂用椅子・子供用の椅子、エクササイズ用のステップ台などがあります。

なお、実際に踏み台昇降の運動をしてみて、踏み台が滑りやすい場合は、台の下にシートなどを敷くと良いです。

また、すでにある物、例えば家の階段を踏み台として利用できます。この場合は、台を作る必要はありません。

踏み台の高さ

台の「高さ」については、踏み台が5cmから30cmくらいの物を用意します。

有酸素運動することでスタイルが良い体になりたい場合は、5cmから15cmくらいの低い台が適しています。踏み台昇降の運動は踏み台を低くすることによって、有酸素運動になります。

脚に筋肉を付けて立派な脚にしたい場合は、15cm以上の台が適しているそうです。

基本的に、身長など自分の体を考慮して「台の高さ」を決めると良いです。ただし女性の場合は、10cm程度までにしておくほうが無難です。

もしも運動が物足りないと感じるなら、「高さ」を上げるのではなく、時間を延長しましょう。
または腕を振る、テンポアップする、ダンベルを持つ、足幅を前後に広げるなどすると良いです。

自宅でできる運動

最後に

踏み台昇降の利点と言えば、自宅で手軽に行なえるという事です。

天気に左右されずに、テレビなどを見ながら運動できます。自宅なので、お化粧や服装を気にしなくて良いです。夜道を歩いて危険な目に遭うかもしれない、というような心配も不要です。例え子育て中の場合でも、乳幼児の様子を見ながら運動できます。

他の運動と組み合わせるのも良いです。普段は外出してウォーキングやジョギングを行ない、雨の日では踏み台昇降を行なう、ということも可能です。

なお、以上のような利点は、ランニングマシーンやエアロバイクなどにもあると思います。しかし踏み台昇降は、あまり「お金が掛からない点」もメリットと言えます。