抜け毛を予防したいなら、21時に就寝しましょう

睡眠中に成長する髪の毛

髪の毛は、睡眠中に成長します。
昼間では毛母細胞には栄養が届かず、髪の毛はほとんど成長しないです。体が活発に活動している昼間では、体を動かすのに必要な部分に栄養を供給するからです。

逆に夜の眠っている間は、栄養が毛母細胞に多く届けられて、活発な新陳代謝によって髪の毛が成長します。眠っている時は、体の活動が低下するからです。

特に成長する時間は、午後10時から午前2時までの時間帯です。この時間帯に、より深い眠りについていることが、育毛にとって理想的とされます。
睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれている「この時間帯」は、深い眠りにつくことで成長ホルモンの分泌が促進されます。この成長ホルモンにより、老化防止や成長促進を期待できます。よって育毛にとってもゴールデンタイムと言えるでしょう。

睡眠不足は、やはり髪にとっては良くないことです。睡眠不足で疲れていると、栄養が優先的に臓器に送られます。毛乳頭については後回しになります。
あと、慢性的に睡眠時間が短いと頭皮の血行が悪くなり、髪に悪影響を与えてしまいます。

ちなみに「あるデータ」によると、近年の20歳の人は一昔前の40歳位の頭皮をしている、と言われています。育毛をする際は、頭皮の老化を防ごうとする意識も大切です。

抜け毛の予防に理想的な「21時の就寝」

三日月の夜

睡眠と育毛は、とても関係があります。「髪を育てる細胞の働き」は、夜になると活発になります。

毛根の一番深い部分にある毛母細胞では、21時頃に細胞分裂が最も活発に行なわれます。
そして22時から2時頃において、最も毛髪が成長します。
この時間帯にしっかりと休息できているかどうかが、育毛において大事と言えます。

夜の睡眠中、副交感神経が活発に働き、体の新陳代謝が最も良くなります。よって、髪にも栄養が行き渡ります。

抜け毛を予防したい場合、理想を言えば21時頃には就寝していると良いです。

ただし実際のところ、21時頃にすでに寝ている人は、なかなかいないようです。現代社会では、21時を過ぎでも働いている人はたくさんいるでしょう。しかしそれは、抜け毛の原因になっている可能性があります。

抜け毛の予防を始め、体の健康を考えた場合においても、良い睡眠を取ることは大切です。例え短くても、質の良い睡眠を取れるように心掛けましょう。
就寝時間については、遅くても夜中の12時までには就寝するようにしてください。眠る時は、部屋を暗くするようにしましょう。

「夜更かし」しない事

発毛・育毛のためには、育毛に大切な時間帯(夜9時から夜中の3時頃)に眠っていることが必要です。その時間帯に夜更かしすると、髪が抜ける原因を自分から作ってしまう事になります。
ずっと「夜更かし」を続けることで睡眠時間が不規則になると、自分が気づかないうちにストレスを蓄積してしまいます。髪の毛のためにもストレスを少なくして、睡眠の質を良くしましょう。

ダラダラと夜更かしするのを防ぐために、目覚まし時計を活用できます。「おやすみ時計」として使う訳です。目覚ましの時とは反対に、アラームがなったらすぐに就寝することになります。これで早寝できるでしょう。

浅い睡眠をしない事

就寝前にアルコールを飲んだり喫煙したりする事は、「良い眠り」を妨げてしまう原因になります。
「アルコールを飲むと、寝つきが良い」という人もいる、と思います。しかしアルコールを飲んだ後の睡眠は、「眠り」が浅いです。「質の良い眠り」とは言えないです。

良質な睡眠を取って、抜け毛を予防しましょう

育毛のために睡眠する場合、ただ単に睡眠を取れば良いというものではないです。
髪が最も成長すると言われている時間帯があるからです。先ほど言ったように、だいたい夜9時から夜中の3時頃と言われています。
育毛にとっては、この時間帯に良質な睡眠を取ることができるかどうか、ポイントとなります。

よって抜け毛を予防したいなら、21時頃には就寝していることが理想的と言えます。
もしも21時に就寝できない場合でも、質の良い睡眠を取ることは大切です。

睡眠時間については、6時間から7時間くらいが理想的です。
なお、長すぎる睡眠については、質の良い睡眠とは言えません。
良い睡眠・良い生活習慣で、髪の健康を守りましょう。