「飲み物の香り」を楽しめる軟水

「香り」を楽しめる軟水

軟水飲み物と水については、水の硬度は低ければ低いほど「香り」を抽出できます。なので「香り」を楽しむコーヒーや紅茶については、軟水を使うほうが良いと言えます。特に、「硬度が高めになっている軟水」や「中硬水」が良いでしょう。

日本茶についても、軟水が適しています。軟水なら、「お茶の香り」を損ねないようにできるからです。硬水を使った場合はミネラル分が多いため、「香り」を損ねてしまう可能性があります。
さらに日本茶の旨味を味わうためにも、軟水が良いです。水の硬度は高くなればなるほど、素材の旨味を抽出しにくくなるからです。

なお、日本の水道水のほとんどが軟水です。なので水道水を使って「お茶」を入れても、十分に美味しくいただけます。
しかし水道水を使う場合では、注意点があります。水道水には塩素が含まれているので、「カルキくさい感じ」がします。また、そのままの水道水だと、お茶のビタミンCが失われてしまう可能性があります。

日本料理

日本料理のような繊細な味を要求される料理では、軟水を使うことで素材の旨味を引き出せます。
日本料理に限らず一般的な料理においても、軟水を使うほうが良いとされています。ご飯を炊いたり、出汁(だし)を取ったりなど、料理する際は軟水を使うほうが美味しい物ができると言えます。
なぜかと言うと、軟水はミネラル分が少なくて、まろやかな水だからです。素材の「旨味」や「美味しさ」を引き立てることができるからです。

軟水のボルヴィック

豊かな「自然の恵み」を味わえる飲み物と言えば、やはり美味しい水です。透き通った水を飲むと、体そして心が潤っていくのが実感できます。
美味しい水と言われている物は、数多くあります。それらの中でも「ひときわ美味しい」と言われている水に、ボルヴィックがあります。今まで何度も飲んだ事がありますが、とても美味しかったです。

このボルヴィックは、6つの火山層によって濾過された水だそうです。それら火山層は自然が生み出した奇跡のフィルターであり、そこを通過した水は「まろやかな軟水」となります。
大自然が作り出したフィルターから生まれた水と知って、とても驚きました。そしてボルヴィックは、自然の奇跡が生み出したミネラルウォーターだと実感しました。

そのボルヴィックを作り出す自然環境については、その地域の住民たちによって守られているそうです。例えば、水源地の周辺では化学薬品の使用が規制されているなど、ボルヴィックを生み出す自然環境を守るために、人々の活動が制限されているそうです。
住民たちが、水や自然環境を大切にしているという事が伝わってきました。「住民たちの優しさ」も、感じる事ができます。

ところで、ボルヴィックはナチュラルミネラルウォーターと言われています。そして、そう呼ばれるために、多くの人たちが努力しています。実は、ヨーロッパでナチュラルミネラルウォーターと名乗る場合、厳しい基準を満たす必要があるからです。
日々、厳しい基準を守り続ける事は、とても大変な事だと思います。その努力する姿勢に、頭が下がります。

食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム