リラックスできる、お肌に優しい温浴法・岩盤浴

岩盤浴

岩盤浴している女性岩盤浴とは、温めた岩盤に横たわり、体を温める温浴法です。温石浴療法・発汗浴健康法と言われることもあります。

お湯を使いません。岩盤の地熱と遠赤外線で体を温めます。その高いデトックス効果を期待して、定期的に岩盤浴を行なっている方もいると聞きます。

岩盤浴をする部屋は湿度があり、肌が乾燥しません。よって無理をせずに汗をかけるので、サウナに比べて、お肌に優しい温浴法と言われています。
岩盤浴をする部屋の湿度は、60%から80%ほどです。温度は40度ほどです。

岩石

昔の岩盤浴と言えば、自然の岩盤がある場所で行なわれていました。すでに存在する自然の石を利用するので、その目的は単に汗を流す事でした。
それが今では、人工的に用意された岩盤浴が主流になりつつあります。利用者が、岩盤に使う石を選んでいます。

岩盤浴で使用されている岩石には、いくつかの種類があります。特に人工的に作られた岩盤浴では、より高い健康効果を望める天然石が選ばれて使用されています。

岩盤浴の岩石でよく知られている物に、ブラックシリカがあります。黒鉛珪石とも呼ばれている石で、ずっと昔から健康に良いと言われていました。
炭素やミネラルなどを含んでおり、半永久的に遠赤外線を発生します。さらにマイナスイオンも発生するそうで、健康に良い石だと期待されています。

温泉地で利用されています

岩盤浴については、最近では温泉の観光地で利用できるようになってきました。事前に予約しないと岩盤浴を利用できないというくらい、人気があるそうです。

岩盤浴で有名な温泉の一つに、秋田県仙北市の玉川温泉の岩盤浴があります。地獄地帯という地熱の高い部分があり、そこにゴザを引いて岩盤浴を楽しめます。温泉旅行の目的として、この岩盤浴を目当てに来る人が多いそうです。

ここは、冬でも岩盤浴を楽しめます。地熱が高い部分では、雪が溶けるからです。テント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめるようになっています(2008年当時)。
岩盤浴することで体は温まりますが、やはり寒さ対策は必要です。防寒着や雪道を歩くための長靴が必要となります。

期待できるリラックスの効果

近代になると、岩盤浴の効果を「科学的に分析しようという動き」が出てきました。
その際、マイナスイオンの存在が明らかになりました。岩盤の原料には様々な成分が含まれていますが、その中にマイナスイオンが確認されました。

マイナスイオンは、人間の体にリラックス作用を与える成分として、よく知られています。

渓谷や滝のそばにいると何となくリラックスできる、という経験はないでしょうか。その理由の一つに、マイナスイオンが挙げられます。渓谷や滝などから発生するマイナスイオンが、体をリラックスさせてくれるようです。

そして岩盤浴を行なえる温泉地でも、体内にマイナスイオンを摂取できるということです。
ただし岩盤浴がある全ての地域において、マイナスイオンが発生しているとは言えません。発生していない地域も、あるようです。

ちなみに「このマイナスイオン」は、アロマテラピーや家電においても利用されています。