たるんでゆく二の腕

二の腕という部位は、年齢を重ねてゆくうちに「どんどん」たるんでゆきます。そして実際に「たるんでしまう」と見た目が太く見えて、老けた印象を与えてしまいます。

そんな二の腕を引き締めるためには、上腕三頭筋と呼ばれる筋肉を意図的に鍛える必要があります。なぜなら普段の生活では、あまり使わない筋肉だからです。

1週間・二の腕ダイエットの運動

二の腕

1週間続けて行なう「二の腕の運動」について、ご紹介したいと思います。
半袖またはノースリーブの洋服を着た時に、二の腕が気になる人がいると思います。そんな方は簡単な運動なので、ぜひ試してみましょう。

1日目

二の腕全体を、5分間揉みます。
両方の腕を5分間ずつ、じっくりと揉みましょう。

2日目

1日目の運動を、2分間行ないます。

両手の「手のひら」を机に付けて、「手のひら」で机を押します。
机を押す時に、肘を曲げるとやりやすいでしょう。
机を10秒間押して、10秒間休みます。この運動を、5分間繰り返して行ないます。

3日目

1日目の運動を、2分間行ないます。

肘の曲げ伸ばしを、30回行ないます。
肘を曲げる時は、力を入れずに行ないます。肘を伸ばす時は、伸ばしきったところで力を入れます。

4日目

1日目の運動を、2分間行ないます。
2日目の机を押すという運動を、5分間行ないます。
3日目の肘の曲げ伸ばしという運動を、30回行ないます。

5日目

1日目の運動を、2分間行ないます。

両手の二の腕を、1分間全体的にさすります。

6日目

1日目の運動を、2分間行ないます。
2日目の机を押すという運動を、5分間行ないます。

さらに両腕をピンと伸ばして、肩から前後に振ります。

7日目

1日目の運動を、2分間行ないます。
2日目の机を押すという運動を、5分間行ないます。
6日目の運動を、30回行ないます。

簡単、二の腕ダイエット運動

後ろ腕立て伏せ

二の腕ダイエット運動の一つ「座った状態で後ろ腕立て伏せ」を、ご紹介したいと思います。

  1. 脚を揃えて、体育座りをします。
    膝を曲げた状態で、「かかと」だけ床につけます。足の「つま先」は、ピンと伸ばします。
  2. 肘を軽く曲げて、肩の下側の床に手をつきます。
    そのままの体勢で、肘を曲げていきます。後ろ側に体重を移動してゆきます。
    脇を締めて肘を曲げてゆくと、やりやすいと思います。
  3. もうこれ以上、肘が曲がらない状態で止まります。
    その後、元の体勢に戻していきます。

以上の「後ろ腕立て伏せ」を、毎日15回くらいしてみましょう。
毎日テレビを見ながら、誰かと「おしゃべり」しながらでも、「このような運動」すれば「引き締め」の効果が除々に現れてくる、と思います。

二の腕ひねり

腕立て伏せ以外にも、二の腕をダイエットする運動があります。
例えば、二の腕を「ひねり」ながら行なう運動があります。

  1. まず、立った状態で上半身を前に倒します。ボクシングのファイティングポーズの様に、腕を胸の前に構えます。
  2. その後、上体を倒したままの状態で、「手のひら」が上になるように後ろに腕を真っ直ぐ伸ばしていきます。それと同時に、片足を後ろに移動します。
  3. 腕を後ろ側に伸ばす際、親指ができるだけ外側に向くように腕をひねりましょう。

椅子を使った運動

椅子を使って「二の腕を引き締める運動」を、ご紹介したいと思います。

  1. 椅子に座ります。片手は「手のひら」を、もう片方の手は「手の甲」を、テーブルの上に乗せます。
  2. 甲を乗せたほうの手で、力一杯テーブルを下に押していきます。この時、肩の位置は変えない様に注意します。
  3. 二の腕の筋肉を意識しながら、力を入れた状態で数秒間、保ちます。
  4. 「手のひら」と「手の甲」を入れ替えて、同じように動作します。

この運動は、休憩時間などに目立たずに行えるでしょう。

もう一つ別の運動も、ご紹介したいと思います。

  1. 椅子に手をついて、お尻を椅子から下します。
    この時、指先が前になるようにします。お尻よりも後ろ側に、手をついている状態です。
  2. 次に肘を曲げながら、ゆっくりと体を上下させます。

この運動では、脇を締めている事、二の腕の筋肉が使われている事を意識して行ないましょう。

「肘掛けがある椅子」を使った運動

この運動は、ダンベルなどの専用器具を使わないで、二の腕を鍛えるものです。
オフィスや自宅という場所でできるので、例えば仕事の休憩時間でも運動できます。肘掛けがある椅子を使うので、一見筋肉トレーニングをしていることに気づかれないと思います。

  1. 椅子に座って、肘掛けに両手を乗せます。
    出来るだけ脇を締めた態勢で、腕力だけで「お尻」を軽く浮かせて、前方斜め前にせり出していきます。
  2. 椅子の形状にもよりますが、二の腕の裏側に強い負荷が加わる部分を見つけた状態で、数秒間、姿勢を保ちます。

このような動作を、デスクワークの途中などにしてみましょう。気分転換にもなるでしょう。
なお、キャスター付き椅子では運動するのをやめましょう。椅子が動き出して危ないからです。

脇を締める運動

二の腕は、部分痩せしにくい部位と言われています。そうは言っても、ぜひ痩せたい部分です。
以下に脇を締める運動を、ご紹介したいと思います。

  1. 脇を強く締めます。その状態で、「手のひら」を顔の「ほほ」に当てます。
    この時、胸に腕を引き寄せるような感じで、脇を締めて下さい。
  2. 「ほほ」に「手のひら」を、当てたり離したりします。その動作を繰り返します。
    約10回ほど繰り返したら、ちょっと休みます。

ここまでの動作を1セットとして、3セットほど行ないましょう。

日常で腕を動かしましょう

テレビ番組で、ある女優の方が二の腕ダイエットについて、以下のような事を話していました。

「ほぼ毎日テレビドラマを見ながら、
水の入ったペットボトルを両手に持ち、
その番組が終わるまで腕の屈伸を行なっている」
 

実際のところ個人差もあると思うので、二の腕に「どれくらい効くのか?」はわかりません。ですが体型を維持するためには、このような体を動かす努力が必要でしょう。

二の腕の運動を始め、どんなトレーニングやエクササイズでも毎日続ける事が重要です。
そして、いかに筋肉を(今回の場合は二の腕を)意識して運動するか?に、かかっていると思います(ただし無理しすぎて運動することは、やめましょう)。

たるんだ二の腕

忙しい日常生活の中でも、なるべく腕を動かしてみましょう
そして引き締まった、素敵な二の腕を手に入れてください。半袖などを着た時、かっこいい腕を見て笑顔になれると思います。

なお、どうしても自分で運動できない時は、スポーツジムに行くのも良いと思います。
「会費を払った」という思いで、頑張れるかもしれません。

二の腕を見せる事

二の腕を見せたくないから、キャミソールやノースリーブを着ない人がいるかもしれません。しかし、それは意識的には逆効果となります。
意識して露出する服を選び、自分の現実を見ましょう。そして、他人からも見られている感覚を持ちましょう。
この見られていると感じることで、二の腕の運動を続けようと思うかもしれません。

一般的に「気にかける」ということは、日常生活の中で大切なことです。何も意識せずに暮らしている人に比べて、結果に「違い」が出てきます。
もちろん二の腕ダイエットの結果についても、「違い」が出てくるでしょう。