リラックスできて気持ちいい、足マッサージの「やり方」

関心が高まっているフットケア

「足は第二の心臓」と、よく聞きます。

足をマッサージ

心臓という言葉を使っている事からもわかるように、足は大事な部位と言えます。実際に大事な場所と意識されているため、近年フットケアに対する関心が高まっています。

そして、足湯や足裏マッサージ(リフレクソロジー)などを行なっている人が増えている、と聞きました。足裏マッサージの体験者によると、足に対するマッサージなのに全身がスッキリ爽快になるそうです。

心地良い、足マッサージ

足のマッサージについて、ご紹介したいと思います。
基本的にマッサージは、「気持ち」が良くて痛いことではありません。でも、もしも痛い部分があったら、入念に揉みほぐしてください。

足指マッサージ

マッサージの「やり方」は、母趾(親指)から小趾(小指)に向かって一本ずつ行なっていきます。
両方の手の親指を使って、足指を一本ずつ「しごく」ように押し上げてください。この時1回ではなくて、何回か押し上げます。

マッサージする場所は、正面だけでなく指の裏も横も全部押し上げると、「気持ちがいい」です。効果もあると思います。

足の指をマッサージする時のポイントは、マッサージをする前に、足の指を一本ずつ回すなどストレッチをしましょう。

足指のマッサージは、やはり「とても気持ちが良い」です。体に対するツボが「たくさんある」ので、多くの効果を期待できる部位だと言えます。

足裏マッサージ

マッサージの「やり方」は、足裏に親指の腹を当てながら押していきます。手の親指を使い、約3センチずつ「ずらすような感じ」で力を入れて滑らせていくようにします。
適切な力で、痛い部分を押していきます。足裏の全体を「やや強め」に押していく、という感じです。

最初は、手が痛くなるかもしれません。しかし、少しずつ慣れてゆくと思います。慣れてきたら、滑らせる幅を1センチほどにして、「小刻み」にしていきましょう。

親指を使わずに、足つぼマッサージ用のグッズを使っても良いです。コロコロ転がすだけでツボを刺激してくれるグッズもあるので、使い勝手も良いと思います。

他の「やり方」には、一方の足の「かかと」で、他方の足裏を押すというマッサージ法があります。「かかと」に体重を掛けられるので、結構強めの刺激を与えられます。

なお、足の裏を怪我している場合や飲酒後、妊娠中では、足つぼマッサージを控えるようにしてください。

足裏には、ツボが「たくさん」あります。それらのツボは、体の内臓や器官と繋がっています
足裏に圧を入れて押した時、もしも「痛い場所」や「ゴリゴリした様な場所」が見つかったら、その場所が体の「どの部分の反射区」なのかを、足のツボを示した図で調べてみましょう。体の悪い部分が、わかるかもしれません(もしも心配な方は、医者に相談してください)。

足のツボ

足のツボ

不眠の解消にも「おすすめ」足つぼマッサージ

不眠症の解消方法で意外と「おすすめな方法」が、足つぼマッサージです。

効果を期待するなら、マッサージの専門家に足つぼマッサージをしてもらうのが一番いいです。ですが自分で足つぼマッサージをしても、それなりに効果を得られるでしょう。

マッサージをするタイミングは、「お風呂上り」が良いです。足裏に親指の腹を当てて、色んな場所を押してみましょう。

足つぼマッサージに合わせて、アロマを取り入れているという人もいます。「アロマの香り」にはリラックス効果や鎮静効果があるので、「不眠解消の助け」となるでしょう。

例えば、アロマを取り入れているマッサージ店では、

ラベンダーなどをブレンドしたオイルで、「足だけ」をマッサージしてもらえます。

マッサージの間、つい眠ってしまうこともあるようです。そして「その日の夜」は、すんなりと眠れるそうです。

体が温まる、足つぼマッサージ

足裏マッサージ睡眠については、ちょっとした「悩み」が多いようです。例えば外出先で枕が替わると、なかなか眠れない。こういう人は、たくさんいるようです。
または、快眠できそうな枕を何個も買って試したけれども、なかなか快眠できないという話も、よく聞きます。

ところで眠れるようにするためには、体を温めたりする、リラックスしたりすることが効果的と言われています。
それら両方の事をできる方法の一つに、足つぼマッサージがあります。リフレクソロジーの店舗に行って、専門家にマッサージしてもらっても良いし、「お風呂上がり」に自分でやっても良いです。
「お風呂上がり」に自分でマッサージする際は、15分くらい行なうと、かなり体が温まると思います。