足の冷え性を改善したいなら、フットバスをしましょう

足の「お風呂」フットバス

フットバス

フットバスとは、足だけ浸かる「お風呂」のことを言います。
適温の「お湯」の中に足を浸けて、好きな「アロマの香り」を加えて、自律神経の緊張をほぐします。とてもリラックスできます。

また、しっかりと足を温めることによって体全体が温まり、血行が良くなります。血行が良くなることで、脚の「むくみ」などの症状を改善できるでしょう。

フットバスの方法は、洗面器やバケツなどに少し熱めの「お湯」を入れて、そこに両足を浸けます。
その後、冷めてきたら、再び「お湯」を足して熱くします。
そのようにして15分くらい、お湯に足を浸けます。リラックスした時間を、過ごしてください。

洗面器の「お湯」に、好きな「香り」のエッセンシャルオイルを数滴入れるのも良いです。リラックス効果が、さらに高まるでしょう。

期待できる効果

フットバスなら、あったかい「お湯」でポカポカと温まります。よってフットバスは、

冷え性のために「足が冷たい人」や「疲れが溜まっている人」に、おすすめの健康法

と言えます。

血行促進

フットバスは、足の先はもちろんのこと、全身の血行を良くしてくれます。足に下りてきた血液は心臓に送り返されるので、体全体に血が巡ります。これは、疲労回復に繋がります。

「肩こり」などの症状にも、効果を期待できます。「肩こり」の原因は、肩周辺の血行が悪くなることだからです。フットバスにより血行が良くなれば、「肩こり」を解消できるでしょう。

不眠解消

就寝前にフットバスを行なうと足が温まり、その後冷えてゆきます。これは、眠気を誘います。人は、体温が下がる時に眠くなるからです。人は、睡眠中においては頭部の温度が下がり、足の温度が上がります。なのでフットバスで足を温めると、不眠解消に繋がります

一般的に、体温調節をうまくコントロールする事で快眠できる、と言われています。その例として、眠る時に足を温めると眠りやすいとされています。

実は手足が冷たいと、抹消神経が縮まった状態です。なので体温が下がらず、その結果なかなか寝付けないとされています。
眠気がやって来る「きっかけ」は、体温が下がる事です。体温が下がる「きっかけ」の一つは、抹消神経が普段より拡張されて、その拡張した部分の血液量が増える事です。
つまり足を温める事が、眠気を誘う「きっかけ」になります。その効果には、個人差があるかもしれません。ですが、寝つきが悪いと「お悩みの方」は、ぜひ足を温めてみてください。快眠できる可能性があります。

リラックス

ちょっとリラックスしたい時にも、フットバスに入ってみましょう。きっとストレス解消になる、と思います。
フットバスは、リラックス方法と言えるでしょう。なぜなら、足にはツボが集中しています。フットバスでは足のツボを刺激するため、体をリラックスできます。

フットバスを始めましょう

もしも天気が雨で、ちょっと憂うつな気分でも、自宅でフットバスをしながら「のんびり」と過ごせば、リラックス気分になれるでしょう。足が軽くなり、「気持ち」がスッキリします。「疲れ」が取れて、体力や気力が充実してくると思います。

フットバスなら、テレビを見ながら音楽を聴きながら本を読みながらなど、何かをしながら行なえます。日常生活で、手軽に実行できる健康法と言えます。