虫歯になりにくいチョコレートの食べ方

チョコレートの食べ方

虫歯菌私は特に子供だった頃、チョコレートが大好きでした。ですが「歯磨き」が不十分だったため、何本も虫歯になってしまいました。

ですが実はチョコを食べる際、いくつかの事に気をつければ虫歯になりにくく出来るようです。
チョコレートを食べた後、チョコが歯に「くっついたまま」だとダメだそうです。なので

お茶を飲んで洗い流したり、歯磨きしたりして、歯からチョコをはがしましょう。

特に「就寝前の歯磨き」では、丁寧に磨くと良いです。なぜなら虫歯は、夜寝ている間に出来ると言われているからです。

チョコレートの食べ方では、短時間で一気に食べると良いそうです。

長時間にわたって「だらだら」とチョコレートを食べるのは、唾液による歯の修復作業が「はかどらない」からです。

チョコレートに限らず、だらだらと食べ物を食べていては歯が休まる暇がありません。唾液には、わずかに溶けてしまった歯を元に戻す作用があります。物を食べず、歯を休ませる事は、わずかかも知れませんが歯の修復に繋がります。

ちなみに子供の頃に虫歯で何度も嫌な目に遭った私ですが、大人になった今でもチョコレートを食べています。好きな「お菓子」なので、やめる事が出来ませんでした。

虫歯菌を抑制するカカオ

チョコレートの主成分であるカカオ成分には、「虫歯菌を抑制する働き」があります。
緑茶やウーロン茶にも、虫歯を予防する効果のある成分が含まれていますが、カカオ成分のほうが効果は高いということです。

あと、ラットを使った実験により、虫歯菌に感染した虫歯の進行を抑制することも確認されています。

歯医者さんが作ったチョコレート

「歯医者さんが作った」というチョコレートがあります。
これは口の中で溶かすだけなので、例えばガムを食べられない小さな子供さんや、入れ歯のためにガムを噛めない方でも大丈夫です。

ゆっくりと口の中で舐めているだけで、虫歯の予防に有効です。また、後味が残らず、さっぱりとしているので、朝出掛ける前に口に入れても良いです。寝る前に舐めていても良いです。
カロリーも控えめなので、ダイエット中にも「おすすめなチョコレート」です。