恋愛依存症のタイプと克服法

恋愛依存症の各タイプ

恋愛依存症とは、

恋愛にのめり込んで相手にひたすら尽くす状態を言います。

壊れたハート

自分の事は、二の次という状態です。

恋愛依存症のタイプには、セックス依存・共依存・回避依存・ロマンス依存があります。

セックス依存

セックス依存のタイプは、自分で性の欲望をコントロールできない状態です。
セックスの事だけ考えています。何かに取り憑かれたように、相手にセックスを求めます。

共依存

共依存のタイプとは、恋愛している二人が「お互いに依存し合っている状態」です。
親の立場の人は、相手の面倒を見る事によって、自分が必要とされていると満足します。
子供の立場の人は、相手に面倒を見てもらう事によって、自分が相手にとって重要な存在であると満足します。
この関係により、恋愛に安定感が生まれます。

回避依存

回避依存のタイプとは、幸せになることを恐れている状態です。
自分の理想を強要する、いつも相手を束縛する、恋愛関係が進むと逃げ出す、などの行動が見られます。

ロマンス依存

ロマンス依存のタイプとは、恋愛が全てであると考えている状態です。恋愛依存症の患者はロマンス依存に陥りやすい、と言われています。

恋愛依存症の克服法

もしも、これらの症状の中に自分と似ている症状があるなら、恋愛依存症の可能性があります。より早く恋愛依存症を発見できれば、それだけ早く克服に向けて対処できます。
恋愛依存症を克服するには、いくつかの方法があります。

恋愛依存症だと認める事

まずは、自分が恋愛依存症だと認める事です。
その恋愛がツラくても相手を好きだから仕方がない、と諦めている。冷静に、そんな自分を受け止める事です。
そしてツラいだけの恋愛をもう終わりにする、これからも同じ恋愛を繰り返さない、と強く決意しましょう。

専門家に相談する事

また、一人だけで悩まないようにしましょう。
周りの人に相談してみましょう。だけど周りの人には恥ずかしくて話せないという人は、専門医に相談するといいと思います。専門医なら、恋愛依存症に関して適切なアドバイスをしてくれます。

自分を肯定する事

恋愛依存症を克服するために大切な事は、自分がどんな風に恋愛をしているのか、理解する事です。
恋愛依存症の患者の恋愛は、いつも決まったパターンを繰り返しています。
自分がしている恋愛をきちんと理解して、どんな行動によって自分が恋愛に苦しんでいるのか、理解する必要があります。

恋愛依存症の患者には、自分には価値がないと自己否定している人が多いです。
自分を見つめ直して、今の自分を受け入れてください。自分を好きになれたら、恋愛に依存する事もなくなります。

自分を肯定する事で、恋愛に対する「気持ち」や「行動」が変わります。そして、恋愛依存症を克服できると思います。

性の健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム