ぐっすり眠る方法

短いと言われている平均睡眠時間

睡眠時間に関する「ある調査結果」では、睡眠時間が短いほど死亡率が高くなっている、という調査結果が見られます。もちろん個人差はあると思いますが、多くの人にとっては7時間から8時間くらい睡眠を取るほうが、健康に良いでしょう。

日本人は、他の国と比べて平均睡眠時間が「短い」と言われています(2008年当時)。
日本人の睡眠不足に対して、病気にならないように未然に防ぐという予防医学の立場からも、注意を促しています。仕事や趣味などで多忙な人が多い、と思います。だけどやはり、健康を優先して生活したいです。

人の健康は、睡眠と関係があります。睡眠する事は、肉体的な疲労を効率良く軽減するのに「とても有効」とされています。一定の睡眠時間を確保する事は、健康法において基本と言えます。
病気にならない体を作るために、睡眠習慣を始め、生活習慣を正す事が「とても大事」と言えます。

ぐっすり眠る方法

日々、健康を維持するために努力している人は多いと思います。「予防医学の大切さ」が認識されている昨今、病気にならない事を心掛けたいです。
以下に、健康維持のために心地良く睡眠するコツを、ご紹介したいと思います。

窓を開ける事

窓から朝日まずは「寝起き」の行動についてです。朝起きたら、部屋の窓を開けて朝日を浴びてみましょう。
頭がスッキリして、体もシャキッと目覚めるからです。一日の始まりを気分良く迎えられる、と思います。

足裏マッサージ

次は、寝る前の行動についてです。5分間ほど、足の裏をマッサージしてみましょう。
特に「かかと部分」には、安眠を促すツボがあります。そのツボを指の腹で押して、刺激してみてください。安眠に繋がるでしょう。

軽い運動

寝る前と起きた時、軽い運動を行ないましょう。「寝つき」や「目覚め」が良くなるからです。
首を回す、立って前屈・後屈をする、両腕を上げて伸ばす、「あぐら」をかいて深呼吸するなど、軽めの運動を行なってみましょう。

下着を着けない事

その他によく言われる工夫として、下着を着けないで寝ると落ち着いて寝られる、という工夫があります。
ただしこれは、人によるそうです。人によっては「下着なし」だと、かえって落ち着かず眠れないようです。

アロマテラピー

「早く眠らないと……ダメだ」

 

こんな風に考えすぎると、ベッドに入っても「なかなか寝つけない」と思います。まずは「ゆったりした気持ち」で、横になって休みましょう。

快適に眠るためには、心も体もリラックスしている必要があるでしょう。リラックスして眠る方法として、「心地良い香り」が「眠り」を誘うというアロマテラピーを使う方法あります。
器などにポプリを入れて、枕元に置きましょう。小さな袋にポプリを入れて、枕カバーの中に入れるのも良いです。
お香やアロマキャンドルについては、アロマポットに好みの「お香」を入れて、リラックスできる空間を作りましょう。

なお「香り」と言えば、お風呂でも「好きな香り」の石鹸や入浴剤を使うと、リラックスできると思います。または、足湯をすることでもリラックスできます。

牛乳

牛乳には、睡眠を促す効果があります。
蜂蜜を入れて甘いミルクにしたり、「きなこ」や「ゴマ」を入れてみたりと工夫して、自分好みの癒しドリンクを作ってみてください。

ハーブティー

ハーブティーには、リラックス効果を期待できます。ローズヒップティーやラベンダーなどを、飲んでみましょう。

クラッシック音楽

クラッシックのような心地良い音楽を流して眠ることも、有効な方法と言えます。ただし、自分が好きな曲を選んでください。嫌いな曲では、良い気分になれないからです。

これらの工夫をやってみましょう

以上のような「ちょっとした工夫」をするだけで、リラックスできて眠れるようになります。そして、朝スッキリと目が覚めるようになります。試してみる価値はある、と言えます。

ぐっすりと眠るための工夫についてもう少し付け加えると、ぐっすり眠るためには、体が少し疲れているくらいが良いでしょう。例えば「お風呂」に入る前に適度な運動をするなど、良い事と言えます。
お風呂では、ぬるめの「お湯」で半身浴をすることも良いです。寒い冬では、足が冷えて眠れないという人は、お風呂でじっくり温まってから眠りましょう。
また、寝る前にカフェインが入った飲み物を飲まないようにします。体が眠れる状態になるようにしましょう。

無理しない範囲で、以上のような工夫をしてみましょう。

寝室環境の改善

睡眠中の男性

良い睡眠を取るには、寝室の環境を整えることが「とても重要」になります。

暗い照明

照明を暗くする事は、深い睡眠に繋がるでしょう。もしも外の街灯などの光が寝室に入ってくるなら、カーテンで光を遮断しましょう。

静かである事

もしも明る過ぎたり、周りが「うるさかったりする」と、脳が刺激を受けて、うまく眠りにつけないと言えます。
夜間では、生活の音があまりないです。なので、例え小さい物音でも入眠できない原因になってしまいます。

心地良い湿度

また、暑過ぎたり寒過ぎたりしても熟睡できません。
部屋の温度・湿度に気をつけることも、安眠するための大切な条件となります。

温度については、エアコンを使う場合、冷房なら25℃から28℃、暖房なら18℃から22℃くらいが目安です。
湿度については、季節に関係なく50%くらいが良いと言われています。

また、ベッドパッドに竹炭シートを使っても良いです。寝ている時、竹炭シートの竹の気孔が、体から出る汗を吸収してくれます。そのため寝やすい環境になると思います。

良い雰囲気

寝室は、一日のうちで長い時間を過ごす場所です。
眠るためだけの部屋ですがリラックスできる空間にするために、インテリアにこだわったり、部屋の雰囲気を良くしたりなど、工夫してみてください。そうすることで、快適に眠れる場合もあります。
今一度、寝室の環境を見直して、自分が落ち着ける快適な雰囲気の寝室にしてみましょう。

安眠枕

寝室の環境を整えることは、安眠するためのポイントと言えます。毎日、寝室で長い時間を過ごすことになるので、心身ともにリラックスできる部屋にしましょう。
空調することを始め、部屋のカーテンやインテリアを「より良い物」にするだけでも雰囲気や気分を改善できます。

そして低反発枕安眠枕を使うと、より安眠できると思います。枕に掛かる頭の圧力を均等に分散できるからです。

リラックスして眠るために、色々と工夫をしてみましょう。

「ぐっすり寝た」と思える睡眠

実際のところ睡眠は、何時間取れば良いのでしょうか。必要な睡眠時間は、人それぞれ違います。
一般的には、8時間ほど取るのが理想的と言われています。その8時間とは、平均値になります。年齢や性別によって「違い」があると思いますが、やはり8時間くらいと言われているようです。

日中眠くなくて元気であるなら、その時の睡眠時間が「その人に適している睡眠時間」と言えます。睡眠時間が平均値より短くても長くても、問題はないでしょう。
重要な事は、自分が「よく寝た」と思える睡眠時間を「きちんと確保する事」です。ぐっすり眠れたという充実感によって、その日一日を健康に過ごせる事になります。

なお、8時間眠れたらスッキリ快眠できたと思いがちですが、そうとも限りません。快眠では、「睡眠時間の長さ」よりもノンレム睡眠という深い睡眠を取れたかどうかが、ポイントだからです。ノンレム睡眠は、脳が眠るほどの深い睡眠と言われています。このノンレム睡眠が出来たかどうかが、熟睡出来たかどうかの判断になるようです。

個人的には、短時間の睡眠よりも長時間の睡眠のほうが満足感があります。個人差だと思うのですが、3時間から4時間という短い睡眠時間では、充分に寝た気がしません。
睡眠時間よりも睡眠の質のほうが大事と言われています。だけどそう言われても、なぜか睡眠時間にこだわってしまいます。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム