ぐっすり眠るのに役立つ方法

ぐっすり眠る方法

「早く眠らないと……」

 

こんな風に考えすぎると、ベッドに入っても「なかなか寝つけない」と思います。
まずは「ゆったりした気持ち」で、横になって休みましょう。

アロマテラピー

快適に眠るためには、心も体もリラックスしている必要があるでしょう。
そこで最初に紹介する「ぐっすり眠る方法」は、「心地良い香り」が「眠り」を誘うという、アロマテラピーを使う方法です。

器などにポプリを入れて、枕元に置きましょう。
小さな袋にポプリを入れて、枕カバーの中に入れるのも良いです。
お香やアロマキャンドルについては、アロマポットに好みの「お香」を入れて、リラックスできる空間を作りましょう。

なお「香り」と言えば、お風呂でも「好きな香り」の石鹸や入浴剤を使うと、リラックスできると思います。または、足湯をすることでもリラックスできます。

牛乳

牛乳には、睡眠を促す効果があります。
蜂蜜を入れて甘いミルクにしたり、「きなこ」や「ゴマ」を入れてみたりと工夫して、自分好みの癒しドリンクを作ってみてください。

ハーブティー

ハーブティーには、リラックス効果を期待できます。ローズヒップティーやラベンダーなどを、飲んでみましょう。

クラッシック音楽

クラッシックのような心地良い音楽を流して眠ることも、有効な方法と言えます。ただし、自分が好きな曲を選んでください。嫌いな曲では、良い気分になれないからです。

寝室環境の改善

睡眠中の男性

良い睡眠を取るには、寝室の環境を整えることが「とても重要」になります。

静かである事

もしも明る過ぎたり、周りが「うるさかったりする」と、脳が刺激を受けて、うまく眠りにつけないと言えます。
夜間では生活の音があまりないので、例え小さい物音でも入眠できない原因になってしまいます。

心地良い湿度

また、暑過ぎたり寒過ぎたりしても熟睡できません。
部屋の温度・湿度に気をつけることも、安眠するための大切な条件となります。

湿度については、季節に関係なく50%くらいが良いと言われています。
温度については、エアコンを使う場合、冷房なら25℃から28℃、暖房なら18℃から22℃くらいが目安です。

また、ベッドパッドに竹炭シートを使っても良いでしょう。寝ている時、竹炭シートの竹の気孔が、体から出る汗を吸収してくれます。そのため寝やすい環境になると思います。

良い雰囲気

寝室は、一日のうちで長い時間を過ごす場所です。
眠るためだけの部屋ですが、リラックスできる空間にするために、インテリアにこだわったり部屋の雰囲気を良くしたりなど、工夫してみてください。そうすることで、快適に眠れる場合もあります。
今一度、寝室の環境を見直して、自分が落ち着ける快適な雰囲気の寝室にしてみましょう。

安眠枕

寝室の環境を整えることは、安眠するためのポイントと言えます。毎日、寝室で長い時間を過ごすことになるので、心身ともにリラックスできる部屋にしましょう。
空調することを始め、部屋のカーテンやインテリアを「より良い物」にするだけでも雰囲気や気分を改善できます。

そして低反発枕や安眠枕を使うと、より安眠できると思います。枕に掛かる頭の圧力を均等に分散できるからです。

リラックスして眠るために、色々と工夫をしてみましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム