心も体も元気になるために、不眠症の改善方法

不眠症の原因

不眠症の原因には、色々な事があります。
寝る時の環境においては、枕が高すぎる、寝室が明るすぎる、外の音がうるさい、暑すぎたり寒すぎたりするなどが、原因となります。
これらの他にも旅行先で枕が変わって眠れない、海外に行って「時差ぼけ」で「寝付き」が悪いなどが、原因として挙げられます。
以上のように睡眠環境が変わることで、睡眠に問題が出て来ることがあります。

寝る前に食べる物では、お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインが、不眠を促す原因になるようです。

ちなみに「これらの要因」が一時的なものなら、不眠も一時的なものと言えます。しかし慢性的にそんな状態が続くなら、不眠が慢性化して不眠症という病気になってしまう可能性もあります。不眠を治したい場合、自分の不眠の原因を見極めて、きちんと対策しましょう。

不眠症の改善方法

以上のように、睡眠不足は多くの事に影響を与えます。自分が睡眠障害かも?と思ったら、すぐに「かかりつけの内科」や「病院」で相談することが大切です。まずは、医者に相談することが良い対処法だと思います。

不眠対策として、日常生活でできる事もあります。例えば眠る直前まで、勉強や仕事などで頭を働かせることはやめましょう。好きな本や雑誌をのんびりと読んだり、好きな音楽を聞き流したりして、心と体をリラックスさせてください。
部屋の照明を「少し暗め」にすることも、寝付くのに良いでしょう。

以下に日常生活でできる不眠の改善方法を、ご紹介したいと思います。

太陽光を浴びる事

日光

朝、太陽の光を浴びるようにしましょう。
夜に「寝付き」を良くするためには、朝たっぷりと太陽の光を浴びる事が大切です。
人間は体内時計を持っています。夜になれば眠くなり、朝には目覚めるという活動サイクルを持っています。

朝、目覚めた時に目の中に太陽の光を入れる事で、脳の体内時計が朝である事を感知します。
この時からホルモンの分泌により、一定時間が過ぎると眠気が来るようになっています。
逆に「夜更かし」を極端にすると、体内時計が狂ってしまいます。これは睡眠障害に繋がります。

試しに「お茶を飲む事」

毎日ストレスを受けているため、ぐっすり眠れない。そんな方がいるでしょう。
そんな時、いつも飲んでいる「お茶」でわずかでもストレスを軽減できるかもしれません。「よもぎ茶」や「紫蘇(しそ)茶」、「ナツメ茶」や「グアバ茶」を飲んでみましょう。

そしてぐっすりと眠りたい方に、お勧めしたい「お茶」もあります。眠りに良いと言われている「お茶」であるローズマリー茶やユーカリ茶、サフラン茶などです。
睡眠に関してちょっと深刻な場合、不眠の症状を改善してくれそうな「お茶」もあります。サフラン茶や松葉茶、ミツバ茶やノビル茶です。

なお、これらの「お茶」は睡眠薬ではありません。なのでその効き目は、医学的に保証できません。だけど、ぐっすりと眠れる「きっかけ」になるかもしれません。良さそうと思ったら、一度試しに飲んでみてください。

アルコールを飲まない事

眠るためにアルコールを飲まないようにしましょう。
一般的には、適量のアルコールは健康を増進すると言われています。しかし寝る前に飲む「寝酒」を続けると、快眠できなくなることがあるので注意が必要です。

アルコールを飲むことで、「寝付き」が良くなることは確かなようです。しかし夜中に、目が覚めてしまうことが多いです。アルコールを飲むことで眠りの一定のリズムが崩れてしまい、このような現象が起こるようです。

「寝付き」が悪くてアルコールに頼ってしまう人は、健康のことを考えると、睡眠薬を服用するほうが健康に良いと言えるでしょう。もしも寝酒の度が過ぎると、アルコールの量が増えていきます。最後には、アルコール依存症になってしまいます。

あと、寝る前に喫煙することも、眠れなくなる原因になります。こちらも注意が必要です。

カフェインを取り過ぎない事

カフェインの取り方に気をつけましょう。眠れない原因として、「コーヒー」や「紅茶」「ウーロン茶」というカフェインが含まれている飲み物を、寝る前に飲むことが指摘されています。
カフェインを飲む場合は、飲む時間と摂取量に気をつけながら、ほどほどに飲んでください。

カフェインには、精神や体を興奮状態にさせる効果があります。そのため体内に摂取した際、夜眠れなくなってしまうと言われています。特に「コーヒー」や「お茶」をたくさん飲んだ場合、「カフェインの取り過ぎ」となります。取り過ぎることで、眠れなくなってしまう場合があるでしょう。

一般的な食事についても、寝る前の2時間以内では食事をしないようにしましょう。寝ている間は、胃や腸も休むからです。

心身の健康のため、睡眠不足を解消しましょう

長期にわたって寝不足が続くのは、体と心に悪いです。睡眠不足は体の健康被害だけでなくて、精神的にも悪い影響が出てきます。睡眠不足が続くとマイナス思考になりがちになる、という指摘があります。これでは、毎日を楽しく過ごすことはできないでしょう。

健康を維持するためには、質の良い睡眠――快眠――することが大切です。
ちなみに快眠であると言える時間については、個人によって違います。例えば日本人の平均的な睡眠時間は、約6時間から7時間と言われています。7時間くらい眠ると、かなり「ぐっすり眠れた」と実感できる人が多いようです。

あと、就寝時間と起床時間も大切です。夜に寝て朝日と共に起きる、そして覚めた後は、程良く体を動かす。こういう点も、快眠するために重要と言えます。
そして健康に良い睡眠を取るためには、寝具にも気を配りましょう。首がこるような枕を使用していると、疲れてしまいます。色々な安眠グッズがあります。自分に合う物を探してみると良いです。



タイトルとURLをコピーしました