ウォーキングの効果を示す指標、体重・体脂肪の値

健康維持に良い、運動する事

健康のために、ウォーキングをしている人がいます。
歩き始めた理由は、ダイエットのため、運動不足の解消、健康診断の結果を見て「このままではダメ」と思ったから、糖尿病や高血圧の症状を改善するためなど、色々あるでしょう。

医療においても、運動を習慣にすることによって体力や自然治癒力が向上するので、西洋医学の治療効果を高めると期待されています。また、高齢化が進む状況において、高齢者の筋力を鍛える点でも重視されています。
運動は「運動療法」として、統合医療の中でも重視されています。今後の医療に必要なことと考えられています。

メタボ予防にも良い

運動の奨励は私生活だけでなくて、一部の企業では「脱メタボリック運動」として、会社が社員の健康のために働きかけている所もあるそうです。

また、ダイエットグッズにおいても、メタボ対策とうたっている物がどんどん登場しています。商品説明を見ると、「メタボの予防に」「脱メタボに」という宣伝文句をあちらこちらで見かけます。

グッズだけでなくて、医療保険にもメタボリック対策に対応した保険があったりします。生活習慣病による入院や手術に対して、保障している保険という事です。
病気にならないためにも、メタボ対策は大切と言えます。

手軽な運動・ウォーキング

一般的には、同じ健康法で全ての人が同じ結果になることはありません。注目されている方法だからといってやってみても、期待通りの結果が出ないことがあります。
その健康法を行なう前に、自分の性格に合っているか、自分は本当に続けられるか、ということについて、確認することが大切です。
自分の体型や体質そして性格などを考慮してから、自分に適した健康法を選ぶようにしましょう。無理して自分に合わない方法を行なっていても、長続きせずに挫折してしまうでしょう。

今では、数えきれないほどの健康法があります。それらの中から、自分の生活環境や体質に合うものを探してみましょう。個人的には、ウォーキング運動が最も始めやすい方法だと思っています。

ダイエットのため・健康維持のためなど、それぞれの目的に応じて、ウォーキングの歩数や時間・距離などは違います。ですが、共通する点があります。それは、だらだらと歩くよりもテキパキと歩くほうが、その運動効果は大きいということです。
なのでウォーキング運動する際は、元気良くテキパキと歩いてください。

おすすめの時間帯

歩く時間帯については、朝(午前中)が「おすすめ」です。朝に目が覚めて起きた直後、一番代謝が低いです。もしも起きた直後に運動を始めると、下がっていた代謝が一気に上がることになります。
そして代謝が高いままで1日をずっと過ごすことができたら、食事で摂取したカロリーを効率良く燃やせます。つまりカロリー消費の効果が出やすい、と言えます。

以上より、朝にジョギングやウォーキングをする習慣をつけると、メタボ予防に繋がると期待できます。ただし起きたばかりの朝、体調が悪い場合は歩くのをやめましょう。

健康の指標の一つ「体重・体脂肪の値」

ダイエットのために運動する際は、あえてダイエットのことを忘れて、楽しい気分で運動を始めてみると良いでしょう。運動を続けていくことで習慣になっていくと思います。

しかしウォーキングという運動を続けている時、健康状態が改善されているか?知りたいと思うことがあります。そんな時、

体重・体脂肪の値が「健康の指標」の一つになります。

体重計毎日体重計に乗ることは、痩せる秘訣とも言えます。まずは、体重の微妙な変化を知ることが重要です。そして体重が増えた時は、特に気をつけるようにします。

普段から自分の体重を知っておくことは、大切なことです。健康管理グッズとして、自宅に体重計を用意しておきましょう。
毎日測定して、自分の現状を理解しておくことで、目標を持ってウォーキングを続けられると思います。

もしも体重を一定に保てるようになれば、いま行なっているウォーキングで体重を落とすことが可能となります。ダイエットの実現に、一歩近づくことになります。

余談ですが、モデルさんの中には、毎日体重計に乗り、鏡で体形をチェックしている人がいると聞きました。日々のチェックが、知らない間に太っていたという出来事を防いでくれるようです。

ちなみに私は「体重計に乗りたくない」と強く思う時があります。それは「とても甘いケーキ」などの、お菓子を食べた次の日です。今までの経験上、体重が増えていること、太ってしまったことがわかっているからです(だけど、お菓子を食べるのはやめられません……)。

体重・体組成計

毎日、体重を測定することは、自分で出来る健康診断と言えます。
ウォーキング運動をサポートするグッズとして、そして家族の健康を管理するグッズとして、一家に一台、体重・体組成計を用意しましょう

近年では、日々の体重を記録してくれる体重計があります。これなら「体重の移り変わり」を簡単に記録できます。4人分の体重を記録できる物もあります。これなら1台の体重計で、自分を始め、家族の体重を管理できて便利です。