肥満治療の病院食・マイクロダイエット食品

マイクロダイエット

マイクロダイエットは、1食分で約170kcalの低カロリー食品です。
その飲み方は、1日当たり1食から2食を、水350ccから400ccに溶かして、食事の代わりに飲みます。

ダイエット食

ダイエットに良い食事のイメージ画像

タンパク質などの体に必要な栄養素が約50種類ほど含まれており、体に優しい食品です。マイクロダイエットには、WHO(世界保健機関)の栄養基準を満たした成分がバランス良く配合されています。

ダイエットしたい方が、食事の代わりにマイクロダイエットを食べるだけで、簡単にカロリーをコントロールできます。そして体に必要な栄養素も、しっかりと摂取できます。
この「簡単さ・手軽さ」が、マイクロダイエットの最大の特徴と言えます。

家庭での利用に限らず、全国の医療機関でダイエット食品や肥満治療の病院食として利用されています。

肥満治療を目的とした食品

マイクロダイエットは、元々は肥満の治療薬として開発された食品です。低カロリーであり、約50種類の豊富な栄養素を摂取できる食品です。

医療専門用語では、このような肥満治療を目的とした食品のことを「フォーミュラ食品」と言います。このフォーミュラ食品の中で、マイクロダイエットは主力の製品と言えます。
その他の主力製品には、「オプティファースト」と「オベキュア」があります。なお、実際に医療用として、医療の現場でよく使われている物は「オプティファースト」だそうです。

マイクロダイエットについては、一般ユーザーに対しての実績が最も高いです。人気のダイエット食品となっています。

参考:元々ダイエットとは?

元々英語の diet は、日常の食事、特に食事療法という意味だそうです。しかし日本では、減量するという間違った意味で、広まってしまったそうです。

diet の本来の意味は体重を落とすことではなく、食事を制限することと言えます。健康や美容のために太るのを防ぐ目的で、食事内容を見直すこと、それが正しいダイエットと言えます。

リバウンドしにくいダイエット方法

ダイエットで注意することの一つは、リバウンドだと思います。

マイクロダイエットは、ダイエット中の食事の代わりとして、食生活から改善していこうという方法です。マイクロダイエットを使っている間に正しい食生活の習慣を身につければ、リバウンドしにくいダイエット方法だと思います。

なお、ダイエットによる減量後も、正しい食生活を送るようにしましょう。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム