美肌になるために、スキンケアの順番を守りましょう

肌トラブルを防ぐ、基本的なスキンケア

肌トラブルに「お悩みの方」は、とても多いでしょう。そのトラブルの原因は様々なので、その対処の仕方も色々あります。
しかしスキンケアの基本である「洗浄・保湿・紫外線対策」をしっかりと行なえば、多くの肌トラブルを防げます。例えトラブルが起きても、症状を軽くできるでしょう。

洗浄

洗顔する女性

スキンケアの基本の一つである洗浄とは、肌を清潔にすることを意味します。「肌の汚れ」をしっかりと落とすことです。

この汚れには、「油性の汚れ」と「水溶性の汚れ」があります。例えば、「ファンデーションの汚れ」は「油性の汚れ」です。古くなった「角層(垢・あか)の汚れ」は、「水溶性の汚れ」です。

それぞれの「汚れ」は、性質に違いがあります。なので、それぞれの「汚れ」に対する洗浄料を用います。
「油性の汚れ」に対しては、クレンジングなどを用います。
「水溶性の汚れ」に対しては、普通の洗浄料・石鹸類を用います。

保湿

保湿ケアを行なう方法の一つに、入浴剤を用いる方法があります。全身の潤いケアを行ないたい場合、美容向けの入浴剤を使うと効果的です。入浴後に、肌がしっとりします。乾燥が改善されていることを、実感できるでしょう。

背中などの手の届かない部分は、保湿クリームを塗りにくいです。背中を始め、全身の肌が乾燥しがちな人には、入浴剤を使うケアは「おすすめ」です。「お子さん」や「お年寄り」などにとっても、入浴と同時に保湿ケアができるので良い方法です。

あと、外出時には、保湿効果と紫外線防止の効果がある乳液、またはクリームを付けると良いでしょう。外のホコリや乾燥、紫外線などによる肌トラブルを防げるからです。

紫外線対策

季節の変わり目になると肌トラブルが起きやすい、と聞きます。様々な原因が考えられますが、

一番の原因として考えられる事は、夏の時期に受けた強い紫外線です。

紫外線の影響によって肌にダメージが残っている、と考えられます。
ダメージを受けた肌は、皮膚の新陳代謝があまり行なわれなくなって来ます。すると肌がくすんできて、肌の表面がざらついてきます。目立つようなシミもできたりします。

そんな肌の状態で、秋から冬に季節が変わってゆくと、肌は乾燥していきます。日々、気温と湿度が下がってゆくからです。肌の水分量が不足していると、肌の「たるみ」や「しわ」ができる原因となってしまいます。

紫外線対策としては、例えば庭でガーデニングをする時や、ちょっとお散歩する時に、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったりします。
紫外線によるコラーゲンの破壊に対しては、サプリメントの摂取を検討しましょう。
このような紫外線対策をすることで、活性酸素の発生を防いだりできます。なお、紫外線によって発生する活性酸素は、肌の老化を促進させる元凶の一つです。

とにかく日頃からスキンケアをしっかりして、肌を元気に保ちましょう。ご自身の「肌に合う化粧品」を用いて、適切にケアしてください。

「肌荒れ」の原因となる、間違った順番

しっかりとスキンケアをしても「その順番」が間違っていると、「肌荒れ」の原因になってしまうことがあります。
スキンケアの化粧品には、化粧水や乳液など様々な物があります。

「どれも肌の化粧品だから、つける順番は関係ない。どんな順番でもいいはず」
 

そのように思っているかもしれません。ですが肌に良いスキンケアでは、順番が決まっています。美肌になるためには、化粧品を正しく使い、毎日お手入れすることが大切です。

スキンケアの順番

一般的なスキンケアの順番を、ご紹介したいと思います。

  1. 洗顔
    まず始めに洗顔をします。化粧をしている場合は、クレンジングを使用してしっかり落としましょう。
  2. 化粧水
    「汚れ」を落としたら、化粧水をつけましょう。洗顔した後、出来るだけ早く化粧水をつけます。
    化粧水をつけることは、水分補給において大切な役割を果たしています。たっぷりつけるようにしてください。
  3. 美容液
    保湿効果のある美容液をつけます。化粧水で補給した水分を、肌から逃がさないためです。
  4. 乳液
    もしも乾燥が気になる場合、ここで乳液をつけます。必要な人だけ、乳液をつけます。
    若い人やオイリー肌の人の場合、乳液の油分で逆に「肌のトラブル」が起きることがあります。気をつけましょう。
    乾燥肌の人の場合、乳液を乾燥しやすい部分にだけ使用すると良いでしょう。
  5. クリーム
    乳液と同じように、油分を補給できます。
    乾燥肌の人や中高年以上の人の場合、乾燥している部分を中心にしっかりとつけましょう。

美容液の順番

美容液の目的によっては、使用する順番が変わる場合があります。
角質を取るタイプの物は、化粧水の前に使います。
クリームタイプの物は、乳液の後に使うことがあります。

乳液の順番

乳液洗顔石鹸や化粧水は、毎日のスキンケアのアイテムと言えるでしょう。その他のクリームや乳液なども、肌のケアに役立つアイテムと言えます。

一般的なスキンケアの手順は、洗顔した後、化粧水をつけてから乳液をつけるという手順です。※化粧品の商品説明文を、参考にしてください。

しかし、ある大手化粧品メーカーの製品では、洗顔した後、乳液をつけてから化粧水をつけるという手順が良い、とされています。この手順において、乳液だけで肌に良い効果があると思うかもしれません。ですが、やはり乳液後の化粧水も必要な物と言えます。
まず乳液で肌のバランスを整えて、肌を柔軟にします。そして化粧水により、肌をみずみずしく保ち、キメを整え、肌の表面を引き締めます。こうすることで、水分保持力の高い肌にできます。