美肌になるために、スキンケアの順番を守りましょう

「肌荒れ」の原因となる、間違った順番

スキンケアの順番が間違っていると、「肌荒れ」の原因になってしまうことがあります。
スキンケアの化粧品には、化粧水や乳液など様々な物があります。

「どれも肌の化粧品だから、つける順番は関係ない。どんな順番でもいいはず」
 

そのように思っているかもしれません。ですが肌に良いスキンケアでは、順番が決まっています。美肌になるためには、化粧品を正しく使い、毎日お手入れすることが大切です。

スキンケアの順番

一般的なスキンケアの順番を、ご紹介したいと思います。

  1. 洗顔
    まず始めに洗顔をします。化粧をしている場合は、クレンジングを使用してしっかり落としましょう。
  2. 化粧水
    「汚れ」を落としたら、化粧水をつけましょう。洗顔した後、出来るだけ早く化粧水をつけます。
    化粧水をつけることは、水分補給において大切な役割を果たしています。たっぷりつけるようにしてください。
  3. 美容液
    保湿効果のある美容液をつけます。化粧水で補給した水分を、肌から逃がさないためです。
  4. 乳液
    もしも乾燥が気になる場合、ここで乳液をつけます。必要な人だけ、乳液をつけます。
    若い人やオイリー肌の人の場合、乳液の油分で逆に「肌のトラブル」が起きることがあります。気をつけましょう。
    乾燥肌の人の場合、乳液を乾燥しやすい部分にだけ使用すると良いでしょう。
  5. クリーム
    乳液と同じように、油分を補給できます。
    乾燥肌の人や中高年以上の人の場合、乾燥している部分を中心にしっかりとつけましょう。

美容液の順番

美容液の目的によっては、使用する順番が変わる場合があります。
角質を取るタイプの物は、化粧水の前に使います。
クリームタイプの物は、乳液の後に使うことがあります。

乳液の順番

乳液洗顔石鹸や化粧水は、毎日のスキンケアのアイテムと言えるでしょう。その他のクリームや乳液なども、肌のケアに役立つアイテムと言えます。

一般的なスキンケアの手順は、洗顔した後、化粧水をつけてから乳液をつけるという手順です。

しかし、ある大手化粧品メーカーの製品では、洗顔した後、乳液をつけてから化粧水をつけるという手順が良い、とされています。

この手順において、乳液だけで肌に良い効果があると思うかもしれません。ですが、やはり乳液後の化粧水も必要な物と言えます。
まず乳液で肌のバランスを整えて、肌を柔軟にします。そして化粧水により、肌をみずみずしく保ち、キメを整え、肌の表面を引き締めます。こうすることで、水分保持力の高い肌にできます。