お酢を使った保存食品・酢漬け

大根の酢漬け

大根の酢漬け。酢漬け食品のイメージ画像

健康食品として有名な「お酢」は、食品を保存するためにも使われています。酢漬けされた食品は、お酢を使った保存食品として知られている物です。

酢漬けにした食品が長持ちするのは、「酢漬け」が食材の酸性度を高める加工方法だからです。食品が腐るのは、微生物の働きによるためです。ですが、この微生物が繁殖するためにはpH濃度がpH4.0以上という事です。この値以下の酸性では、食品を腐らせる微生物が育たないです。

さらに「酢漬け」は、塩との相性も良いです。塩で食材から水分を取り除き、その後酢漬けすれば、食品をより一層長く保存できると言えます。

なお、酢漬けする事で食品の味は「酸っぱさ」が増します。だけど「お酢」には、食材の風味を和らげる働きもあります。なので、そんなに「まずい味」とは言えません。人によっては、さらに美味しくなったと感じる人もいます。
お酢の味が嫌いという人に向けては、従来よりも弱い「お酢」を用いている酢漬けもあります。お酢の味が嫌いな方にも、健康維持のために「酢漬け」の食品を普段から活用していただけたら、と思いました。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム