満腹感あって栄養もある、ダイエット食品と言える雑炊

雑炊最近、雑炊がダイエット食品として注目を集めています。
だけど、雑炊がダイエットに適している食べ物とは、考えにくいかもしれません。しかし雑炊は、少しの量で満腹感を得られる料理です。

そして具を入れることで、栄養のバランスを取ることができます。栄養については必要な栄養分、タンパク質や食物繊維、脂質や炭水化物、ナトリウムなどの栄養素が入っています。

雑炊の味については、イタリアントマト味や中華味、カレー味や豆乳味など、様々あるようです。これなら飽きることもないでしょう。
美味しい雑炊の例として、鍋料理のスープに「ご飯」を入れて作った雑炊があります。「鍋料理の締め」として作った雑炊です。野菜などの具が「いっぱい入った鍋のスープ」なら、味は豊かであり、栄養豊富だと思います。

いつもの食事と置き換えて食べたりできます。例えば朝食として、食べることができます。
または「おやつ」の代わりに、雑炊を食べても良いです。
なお、一緒に食べる付け合わせの料理については、カロリー控えめ、塩分控えめな物にすると良いです。

一般的に雑炊は、熱い食べ物です。冷めてゆくのを待ちながら「ゆっくり食べる」ことになります。これは、ダイエットに良い食べ方です。
なぜかと言うと、アツアツで食べることは、ちょっとずつゆっくり口に運ぶので、食事の時間が長くなります。こうなると、満腹感を得やすいからです。

低カロリーな食べ物

雑炊を食べてダイエットするメリットは、低カロリーである点、健康的である点があります。
食事によるダイエットを考えているけれども、なかなかダイエットを実行できない。そんな風に悩んでいる方に、おすすめです。

少しの量で満腹感を得られる食べ物なので、カロリーコントロールも可能でしょう。
さらに雑炊なら、お米の量が少なくても水分でふやけているので、「食べ応え」を感じられます。ご飯の量を減らしたい時に、向いている料理と言えます。

一般的にダイエットと言うと、カロリーの低い物ばかり食べ続けて、たくさんの栄養分を取れないという不健康なイメージがあります。そんな状態では空腹に耐えられず、リバウンドしてしまう可能性もあります。雑炊のような低カロリーで健康的な料理を食べて、痩せましょう。

特に市販の「ダイエット用の雑炊」は、実際に低カロリーな食品になっています。カロリーについては、例えば1食当たり約50キロカロリーという物もあるそうです。自分で作る雑炊よりもカロリーが低いと思うので、「カロリー控えめ」の効果を期待できます。
その作り方は、簡単です。フリーズドライなら熱湯を掛けて、しばらく待っていれば出来上がりです。

他のダイエット食品にも低カロリーな物がありますが、なんとなく味気ない食品(味が薄い食品)も見られます。だけど雑炊なら、味わいつつ美味しくいただけると思います。出来ることなら美味しい料理を食べて、満腹感を得ながら痩せたいです。そんな時にも雑炊は、おすすめです。

ローカロ雑炊

ローカロ食品の中で、テレビ番組で取り上げられてネットでも話題になった食品があります。それは「ローカロ雑炊」です。あるタレントさんが、この雑炊で痩せた事から話題になりました。

ローカロの雑炊セットは、「玉ねぎ」や「発芽玄米」が入っていたりして、なかなか美味しいと聞きます。もちろん栄養バランスも考えられています。
作り方も簡単であり、フリーズドライの物なら、熱湯を入れるだけで良いです。難しい作業は、何もありません。

長い間、続ける必要があります

雑炊を活用するダイエット法は他のダイエット法と同様に、少しの間やっただけでは効果は出ません。

長い期間「継続して行なう事」で、痩せたという効果が出てきます。

最近は健康に関心のある方が、とても多いです。よって雑炊のように栄養分をしっかり取れて、さらに満腹感も味わえるというダイエット食品は、人気があります。やはり健康的にスリムになりたい、ということなのでしょう。

ちなみにダイエット用の雑炊は、今では様々な種類の雑炊が通販や店頭で販売されています。ダイエット用の雑炊では、米の他にも「穀物」や「こんにゃく」が入っていたりして、カロリーが低くなっています。

続けるコツは味付け

雑炊

雑炊でダイエットを続ける際のコツは、やはり「味付け」です

雑炊ダイエットを長く続けるためには、味を単調にしないようにしてください。
雑炊なら、具の食材の選び方で味の種類を増やせます。なので飽きずに長く食べ続けられる、と思います。そして今では、色々な味の雑炊が市販されています。必要な場合、手に入れましょう。

ちなみに、雑炊の味は薄いことが多いです。なので、つい「濃い味付け」で食べたくなるかもしれません。
しかしそこで、たくさんの塩や醤油を入れたりしてはいけません。雑炊ダイエットは、体に優しい方法です。なので醤油や塩で味を濃くして、塩分をたくさん取らないようにしたいからです。
お漬物と一緒に食べても良いですが、こちらも塩分があります。ちょっと気をつけましょう。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム