妊娠中でも使って良さそうなアロマの精油

妊娠中のアロマテラピー

妊娠中においては、アロマはあまり好ましくないと言われているようです。
精油によっては、「妊婦に適していない香り」があると聞きます。きちんと説明書を読んで使いましょう

例えば妊婦さんが、ユーカリ葉の精油を使用することを禁止されているそうです。ユーカリのアロマテラピー製品を「お持ち」の方は、今一度、取扱説明書の注意事項をご確認ください。
あと、アロマではないのですが、ユーカリ茶も刺激が強いため妊婦さんに不適のようです。

妊娠中の方がアロマオイルを使う際、医師の診察の下で健康な妊婦さんであると診断された方のみ、使うようにしましょう。
アロマに関係するマッサージを受ける場合も、医師に相談してから受けましょう。

妊娠中においては、なぜか色々な事に敏感になってしまい、ストレスが溜まりやすい時期だと思います。アロマを適切に使用して、リラックスしましょう。

つわり中、「香り」に注意しましょう

妊娠中では、鼻が敏感になっています。以前なら全く気づかないような「香り」に対しても、敏感になっているようです。

特につわり中、「香り」に敏感と言えるでしょう。「つわり」は、妊娠初期のトラブルと言えますが、精神的にも感覚的にも、普段とは違った状態になっているようです。

「つわり」のニオイを消すために、無臭スプレーの代わりにアロマを使うこともできます。その際は、極低濃度のアロマオイルを使用します。マロウ・メリッサ・ラベンダーを薄めて、ほのかに香るくらいの水スプレーを部屋に振り掛けます。「におい消し」のためだけでなく、「香り」で癒される方にも「おすすめな方法」です。

なお、アロマで「つわり」を軽減させることはできないでしょう。ツラい時は、何もせず寝るなど安静にしてみましょう。

アロマ出産

ところで最近では、アロマ出産という事を実施している病院があるそうです。陣痛の「強さ」や「弱さ」の段階ごとに、精油を使い分けて行なうようです。
例えば陣痛が弱い場合には、子宮収縮作用を持つジャスミンやクローブ、ゼラニュウムなどを使用します。
陣痛が強い時には、鎮静作用を持つクラリセージやジュニパーなどをブレンドしたオイルで、マッサージするそうです。

出産後も精油を使い、出産を優しくサポートしてくれるということです。このような病院なら、出産の不安も少なくなりそうです。
実際にアロマ出産をしたママ達からは、好評だそうです。

妊娠中でも楽しめるアロマの精油

妊娠中

妊娠中にアロマを楽しみたい方がいる、と思います。
しかし妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんが成長している途中です。なので、精油の影響を受けやすい時期でもあります。

以下に、妊娠中でも使える精油をいくつか紹介いたします。
(念のため医師に相談の上、精油をご使用ください)。

妊娠中に「おすすめの精油」には、

グレープフルーツ・オレンジスイート・ネロリ・マンダリン

があります。
これらの種類のミカン科には、落ち込み気味な心を明るくする作用があります。
なお、マンダリンには、妊娠線の予防も期待できます。

これらのアロマを使って、楽しい妊婦ライフを送りましょう。

アロマ
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム