品質を確認する、チョコレートのテイスティング

チョコレートのテイスティング

確認テイスティングと聞くと、ワインのテイスティングがよく知られていると思います。ですが「お菓子」のチョコレートにも、テイスティングがあります。

その具体的な方法は、「見る」「触る」「聞く」「香る」「味わう」に関して、それぞれ確認を行ないます。

  • 「見る」では、色やキメの細かさ、艶のある輝きなどをよく見ます。艶があって輝いているチョコレートは、品質が高いと言えます。
  • 「触る」では、実際に表面を触り、滑らかさを確認します。滑らかなほうが、食感が良いでしょう。
  • 「聞く」では、チョコレートが割れた際の音を確認します。割れた際の音が鋭くて乾いた音の物は品質が良い、と言えます。
  • 「香る」では、チョコレートそのものの香りや、チョコを口の中に入れて溶かして、息を吐いた際の香りを確認します。
  • 「味わう」では、ひとかけらのチョコレートを、舌の上でゆっくりと溶かします。そしてその味を確認します。

より良いチョコレートを作るためのテスト

以上、よく行なわれるチョコレートのテイスティングについて、ご紹介しました。この他にも気をつけるべき点が多数あります。例えば複数の種類のチョコレートを試す際、ミネラルウォーターなどを用いて口の中を洗ったりする必要があります。

消費者としてチョコレートを楽しむなら、こんなに「こだわって食べる必要はない」でしょう。ですが業者の場合は、より良いチョコレートを生み出すために、テイスティングが求められています。