本当?嘘?チョコレートの噂

鼻血が出る

鼻血「チョコレートを食べ過ぎると、鼻血が出る」
こんな事を聞いた事が、ありませんか?

この噂ですが、実際のところ誤解という事です。
まず「鼻血が出る」という噂ですが、鼻血とチョコレートの医学的な関係は認められていません。関係ない事が医学的に証明済みだそうです。

なぜ「こんな噂が出たのか」と言うと、たぶんチョコレートの栄養価が高いためでしょう。食べ過ぎると栄養の取り過ぎになり、鼻血が出るかも?と思われたようです。

ニキビが出る

ある特定の食べ物を食べたらニキビが出来る、という確かな報告はないようです(2008年当時)。しかし人によっては、チョコレートを食べた時やピーナッツを食べた時、ニキビが出来たという人もいるようです。

ですがこれは、噂話と言えます。ニキビとチョコレートには関係性がないことが、ある研究で証明されているそうです。よって「ニキビが出る」という噂についても、医学的に無関係となります。

ニキビの原因は、皮脂腺の脂が毛穴に詰まり、その部分で細菌が繁殖することが原因です。その他の原因には、「ホルモンバランスの乱れ」や「体調不調」があります。
これらのニキビの原因は、当然チョコレートとは関係ないと言えます。

花粉症を緩和する

チョコレートと花粉症の関係について、しばしば話を聞きます。その関係について、科学的な報告はないそうです。

ですが喘息に関しては、チョコレートによって症状が緩和されるという事が、確認されているそうです(2009年当時)。ちなみに喘息は、花粉症と同じ吸入性アレルギー疾患です。

チョコレートの主な原料であるカカオには、

ポルフェノールやカフェイン、テオブロミンやチラミンが含まれています。

これらの成分が、花粉症の緩和と関係していると予想されています。

カカオの成分

ポリフェノールには、活性酸素を消去する作用があります。花粉症の際、鼻や喉に活性酸素が発生しており、それを除去すると症状が和らぐでしょう。

カフェインには、花粉症で見られる頭重感(ずおもかん)の軽減を期待できます。

テオブロミンには、かゆみ成分ヒスタミンの放出を抑制する効果を期待できます。

チラミンには、動脈を収縮させる作用があります。この作用による血流の変化が、花粉症の症状にも変化を与えると期待されています。
ただしチョコレートには少量のチラミンしかないので、大きな変化は起きないそうです。

期待できない?

以上のような事が言われていますが、個人的には、チョコレートを食べても花粉症の緩和を期待できないと思いました。
症状が「ひどい場合」は、やはり医師に診てもらうほうが良いです。