健康維持に役立つと期待できる、コーヒーの健康作用

コーヒーの健康作用

コーヒー

コーヒーには、いくつかの作用があるとされています。例えば、血流を良くするという作用があります。コーヒーには、「毛細血管を拡張する働き」があるからです。1杯のコーヒーで2時間ほど、血流促進の効果があるとされています。そんな事より、低血圧の人が朝にコーヒーを飲むと良い、と言われています。

その他には、善玉コレステロールを増やす作用があると言われています。善玉コレステロールには、「余分なコレステロールを体外に出すのを手伝う働き」があり、動脈硬化の予防にも役立つとされています。

意外な作用として、「肝臓や腎臓などの働き」を高める作用があります。この作用は、二日酔いの軽減に繋がるでしょう。なぜなら二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を、促進するからです。

以上の事から、コーヒーを健康飲料として飲むのも納得と言えます。

疾病率の低下

飲み過ぎない事、適量のコーヒーを飲む事は健康維持に繋がる、と言って良いでしょう。ある調査結果では、

適量のコーヒーを飲んでいる人には、疾病(しっぺい)率の低下が見られたそうです。

そして、「飲み過ぎる人」や「あんまり飲まない人」には(適量以下の場合には)、疾病率の上昇が見られたそうです。

もちろん病気の要因は様々あり、コーヒーを飲む飲まないだけで疾病率が決まるとも言えません。ですが、少なくとも何らかの関係があると思っても良いでしょう。

活性酸素の除去

コーヒー豆の芳香成分の一つに、クロロゲン酸と呼ばれる抗酸化物質があります。このクロロゲン酸は、活性酸素を除去する抗酸化物質として注目を集めています。「がん」や「老化」の誘因となる活性酸素を除去してくれる物質として期待されています。

ちなみに米国では、コーヒーをよく飲む人は「大腸がん」になりにくい、という調査結果があるそうです。

「皮膚がん」の予防

近年になってから、コーヒーが持っている医療的効能に注目が集まっています。コーヒーは「その色が真っ黒いため?」飲むと体に良くないと思っている人もいる、と聞きます。ですが実際のところ、健康に良い飲み物と言って良いでしょう(ただし「飲み過ぎ」は、体に悪いそうです)。

以前、何かのニュース記事で、コーヒーが「皮膚がん」の予防に効果があると言っていました。詳細はニュース記事を読んでいただきたいのですが、大まかに言うと無毛マウスに対して、カフェイン入りの水を飲ませつつ運動させると、紫外線により発生した「がん細胞」を死滅させることができた、そのような研究結果が発表されたそうです。

この結果を参考にすると、コーヒーを飲んでから歩いたり走ったりという運動を行なえば、皮膚がん予防になりそうだと言えます。コーヒーと皮膚がん予防に関係があるとは意外ですが、「いいな」と思った方は皮膚がん予防のためにコーヒーを飲んでみましょう。

覚醒作用

カフェインという成分は、コーヒーの中に含まれている成分の中で一番知られている成分です。コーヒーの他にも紅茶や緑茶、コーラやココア、ウーロン茶などにも含まれています。とても身近な物と言えます。

元々コーヒーは、嗜好品ではなかったそうです。薬として飲用されていたそうです。
そんなコーヒーにおいて最も期待されている効果と言えば、やはり覚醒作用です。

この覚醒作用は、薬として使われていた当時から注目されていた効果です。

カフェインは、摂取してすぐに効果が出る物ではありません。30分ほど経ってから、効果が出るようです。カフェインが体内に入り、血流によって体中を巡り、脳に達するまで、おおよそ30分ということです。

また、カフェインには、交感神経を刺激する作用もあります。よって、体脂肪の燃焼を促す効果も期待できます。そういうことより、ダイエットの際に活用される事があります。

頭痛の緩和

昔から、「コーヒーを飲むと頭痛が治ったりする」。
そんな体験談が言われたりしています。実はこれは、カフェインが持っている頭痛を治す効果によるものかもしれません。

カフェインと言ったら覚醒作用(目覚まし作用)が、まず思い浮かびます。実は「その他の作用」として、頭痛の解消や解熱鎮痛の作用、倦怠感の解消という作用もあるとされています。

カフェインは、時として薬として用いられている成分です。その効き目は、意外と確かかもしれません。カフェインに対して感受性が強い人の場合、薬剤のカフェインでなくて「コーヒー」や「お茶」という食品のカフェインを摂取しただけで、先程の作用を実感できるようです。

ちなみに薬剤としてのカフェインと食品としてのカフェインは、「濃度の違い」はありますが成分的には同じです。

利尿作用

「コーヒーを飲むと、すぐにトイレに行きたくなる」
 

こんな経験をした事があると思います。私も、コーヒーを飲むと「おしっこ」が近くなります(なので車の運転中には、あんまりコーヒーを飲まないようにしています)。

実はカフェインには、利尿作用があります。どのような利尿作用かというと、尿管内で水分の再吸収を妨げる作用です。この作用が利尿作用となって表れるとされています。

ちなみにカフェインが含まれている飲み物は、全てこのような利尿作用があると言えます。緑茶や紅茶などにも、カフェインが含まれています。なので飲むと同様に、トイレが近くなるでしょう。

この利尿作用によって、「むくみ」を解消できるということです。利尿作用は、体内の老廃物を排出する作用とも言えるでしょう。

基礎代謝の向上

コーヒーには、カフェインが含まれています。そのカフェインには、基礎代謝を上げる作用があります。この作用は、痩せにくい体質を痩せやすい体質に変えて、脂肪を燃焼しやすくします。

脂肪の燃焼を意識してコーヒーを飲む場合、食後や運動前、入浴前に飲むと効果的だそうです。
カフェインは3時間くらいで、体内からなくなってしまいます。なので、もしもカフェインの効果を1日中維持したいなら、5杯くらい飲む必要があります。

健康飲料としてコーヒーを飲みましょう

コーヒーの効能には、「蓄積された脂肪を分解する働き」や「血行の促進」「血栓を防いだりする効果」があります。そしてコーヒーの「カフェイン」や「クロロゲン酸」は糖尿病の予防にもなる、と言われています。
その他に、「大腸がん予防の効果」なども期待できます。コーヒーをよく飲んでいる人は結腸癌になりにくい、というデータもあるそうです。このようにコーヒーは、やはり優秀な健康飲料と言えます。

コーヒー

そんな事より味わうだけでなくて、健康のためにコーヒーを飲んでいる人も多いでしょう。だけど健康に良いからと言って、飲み過ぎしないようにしてください。適量を心掛けましょう。

砂糖も適量にしてください。砂糖をたっぷり入れると、糖分の取り過ぎになるからです。
そして体が冷えないように、なるべくホットで飲んでください。体の冷えた部分に、脂肪が付きやすくなるからです。

飲み過ぎに気をつけて毎日新鮮なコーヒーを飲むことは、健康維持に役立ちそうだと思いました。嗜好品としてはもちろんの事、健康飲料としても、コーヒーという飲み物は「おすすめ」です。

1日当たりのコーヒー量

ところで1日当たり、どのくらいコーヒーを飲んでも良いのでしょうか?
一つの目安として、2杯から3杯くらいと言われています。

コーヒーに含まれているカフェインについては、1日に摂取できる上限の量はおおよそ300mlから350mlくらいと言われています。この量をコーヒーに換算すると、2杯から3杯くらいです。このくらいが、1日に飲める量と言えます(1杯当たり150mlのカフェインが含まれている場合について)。

上限以上の量を摂取すると、カフェインの効果が体に対して悪影響を及ぼす可能性があります。依存性も高くなってきます。なので、飲み過ぎしないほうが良いでしょう。

たくさんの脂肪を燃やしたいからといって、ガブ飲みしてはいけません。どんなに多くても、一日に4杯から5杯くらいにしておきましょう。

ガブ飲みすると、逆に血糖値に悪影響となります。注意が必要です。
ちなみに血糖値とは、血液内のグルコースつまりブドウ糖の濃度の事です。この値は、体内に適切な量の糖分が摂取されているか?について示します。
糖分がしっかりとコントロールされているか?判断する際、重要な値となります。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム