その日の気分で選んで楽しむ、アロマエッセンスの使い方

気分に合わせたアロマエッセンス

アロマテラピーでは、その時の気分に合うエッセンスを選んでも良いです。

「これは、いいな!」
 

と思う感覚で、選んで良いです。その時の体調によって、「心地良いと感じる香り」も違うと思うからです。

緩和したい症状のために選んだ「アロマエッセンスの香り」が、いつも心地良いと感じるとは限りません。少しくらい違う作用のあるエッセンスを選んでも、

その時に心地良いと感じられるなら、それで良いとされています。

なおアロマの楽しみ方には、芳香浴や沐浴(もくよく)を始め、色々な楽しみ方があります。例えば日常よく使うシャンプーや石鹸、クレンジングオイルや化粧水などにも、アロマの精油を混ぜて使ったりできます。

アロマエッセンスの使い方

アロマエッセンスとは、

木や花から抽出したエッセンスを凝縮した物です。

ラベンダーなので直接肌に付けると、「かぶれる恐れ」があります。必ずキャリアオイルと混ぜて、アロマオイルを作ってから使いましょう。
例えばトリートメントとしてアロマエッセンスを直接、肌に使いたい場合、必ず薄めてください。
キャリアオイルと呼ばれている植物油(ホホバオイルやスイートアーモンドオイル)で、必ず1%以下に薄めるようにしてください。

ちなみにアロマエッセンスの中でも、ラベンダーとティートゥリーの二つについては、例外的に原液を直接、肌につけても大丈夫とされていることが多いです。ですが肌の弱い方や敏感肌の方は、やはり原液を使わないほうが良いでしょう。

アロマオイルの効能を充分に活用するために、直接、肌につける場合もあります。しかし例え肌が丈夫な人でも、肌に合うとは言えません。特に敏感肌の方は、パッチテストを行なってから使うようにしてください。

注意事項

肌の「かぶれ」の他にも、例えばゼラニウムのエッセンスは、妊婦の方に対して早産にさせる危険性があります。妊娠初期に使用することを控えてください。

あと、海外の本などで、アロマエッセンスの飲用を勧めている物があります。ですが日本では、飲むことは認められていません(2008年当時)。
飲むことによって、消化器官に悪い影響があるかもしれません。自己判断で飲むことは止めましょう

タイトルとURLをコピーしました