痩せる効果を高めるために、心拍数を意識してウォーキング

心拍数に注目してウォーキング

テレビや雑誌というメディアを始め、ご近所さんたちの日常会話においても、ダイエットの話題をよく聞きます。お腹がポッコリ膨らんでしまい、去年の洋服を着られなくて困っている、なんていう人も多いでしょう。

痩せるために良いと言われている方法は、数え切れないくらいあります。その中でもウォーキング・ダイエットは、人気が高い方法と言えます。歩くという運動が中心となるので、日常生活において実践しやすい点が人気を集めているようです。

普段買い物に行く時や電車などで通勤する際に、ウォーキング・ダイエットを取り入れてみましょう。日常生活と相性が良い運動なので、継続して行なえるでしょう。

目標の心拍数・130泊

痩せる効果をちょっとでも高めたい場合、ウォーキングする際の心拍数に注目すると良い、と言われています。

一つの目標値として、

1分当たりの心拍数が130泊から140泊くらいを保ちつつ歩く

と良いそうです。

これくらいの心拍数で歩き続ける事は、結構キツい運動となります。ですが痩せるためには、これくらいの負荷が掛かる運動が必要となります。

心拍数を測る場合は、自分で脈を取ったり、市販の心拍計を利用したりして測ることになります。手軽に正確な心拍数を測りたい場合は、心拍計を使うほうが便利です。

心拍数から「歩く速さ」の求め方

ウォーキングをする際、ポイントの一つに「歩く速さ」が挙げられます。普段より速い感じで歩く必要があります。

しかしそう言われても、実際に「どのくらいの速さ」か、わからないと思います。
心拍数から適正のスピードを計算する方法があります。

以下に、「運動時に適している心拍数を計算する式」を書きます。

(220 - 現在の年齢 - 通常時の心拍数)× 0.4 ~ 0.6 + 通常時の心拍数

この計算式から求めた値を、「歩く速さ」の目安にしてみましょう。

運動時に適している心拍数を計算する際、まず通常時の心拍数を1分間、測ります。
そしてウォーキングをしてから、同様に心拍数を1分間、測ります。

上記の計算式から計算した値と、ウォーキングをした後に測った心拍数の値を比べます。それらの値が近いほど、「理想的な速さ」でウォーキングしていると言えます。

もしも計算式の値よりもウォーキング後の心拍数のほうが大きい場合、ちょっと歩くスピードが速いと言えます。
その逆に値が小さい場合、スピードは遅いと言えます。

計算した値を参考にして、「歩く速さ」を調節してゆくと良いでしょう。
なお、ウォーキングをする際、無理は禁物です。体がウォーキングに慣れるまでは、計算式の値より、ウォーキング後の心拍数の値が大きくならないように気をつけましょう。

心拍数の測り方

脈拍を計る

心拍数を測る場合は、手首(または首)の脈を測ります。15秒間測定して、その値を4倍した値です。

心拍数を定期的に測り、自分の健康状態を理解するバロメーターとすると良いでしょう。
測るタイミングは、運動前、運動の途中、運動後の安静時が良いです。

心拍数から、自分に合う運動強度がわかります。運動強度は、「運動の激しさ」や「体に掛かる負荷」を知る方法の一つです。
例えば運動の運動強度が高いほど、激しい運動という事になります。そして体に対する負荷が、高い事になります。「歩く速さ」を決める際に、この運動強度を参考にしましょう。