優しく「そっと拭き取る」、おへそ掃除の「やり方」

「おへそ」のゴマ

おへそ

子供の時「おへそ」に、いつの間にか一粒の美味しそうなゴマがあったりするのを、不思議に思っていました。
もしかしたら食べてしまった事も、あったかもしれません。
我が家の息子も「食べてみたい」などと、言っていました(笑)。

しかしゴマがあったのは子供の時だけで、大人になったら知らないうちになくなっていました。丁寧に、体を洗うようになったためかもしれません。

ちなみに子供を産んだ現在の「おへそ」は、丸くて大きなクレーターのような状態になっています。なので丁寧に洗わなくても、自然に綺麗になってしまうようです。

ところで昔から「おへそ」のゴマを取ると

「お腹が痛くなる」「お腹を壊して下痢する」

などと言われていますが、きちんとした根拠があるそうです。

「おへそ」の中を強く「いじり過ぎる」と、「おへそ」の皮下にある臓器を刺激することになります。そのため、痛くなるそうです。
「おへそ」の皮膚は他の皮膚よりも薄くて弱いので、強く掃除し過ぎると皮膚も傷つけて痛くなったり出血したりします。

おへそ掃除の「やり方」

掃除したい時はベビーオイルやホホバオイルなど、皮膚に優しいオイルで「おへそ」に「くっついている垢」をふやかします。
その後、綿棒で「そっと拭き取る」ようにすると綺麗になります。

新生児の場合

「へそを強くいじってはいけない」という知識から、新生児の「へその緒」が取れるまでの消毒の時に、表面だけ「ちょこちょこっと消毒」してしまいがちです。だけどそうすると、雑菌が繁殖して「じゅくじゅく」してしまいます。

「へその緒」の横を「ぐるりと一周」、結構奥まで「ぐるり」とやってみましょう。
ですがその際、出血してしまい、慌ててしまうかもしれません。ちなみに多少の出血なら、普通の事だそうです。
新生児の「おへそ掃除」は結構大胆に、かつサラッとこなす事が大事なようです。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム