【まとめ記事】自宅でできるダイエット運動

運動して健康的に痩せる

踏み台昇降している女性

運動は、ダイエットに効果的です。そして体を動かすことで、健康的な体を維持することもできます。
多くの場合で運動は脂肪を燃焼させることができて、健康的に美しく痩せられる素晴らしい方法と言えます。

なお運動の中には、自宅の室内でできる簡単なものがあります。またダイエット器具の中には、ダイエット目的の運動をサポートする物もあります。

運動と言ったら外で行なうイメージがありますが、室内でもできる運動は結構あります。

運動効果を得られる振動マシン

振動するダイエットマシンは、たくさんの種類があります。

例えば、3D振動ダイエットマシンという、台の上に乗って体を振動させる装置があります。
これは、痩せるためのトレーニングをするための装置です。横方向の2次元に動くだけでなく、3次元の上下にも動きます。

このようなダイエットマシンによる運動は、10分間くらい運動したら、1時間くらい運動したのと同じ効果が得られるそうです。

台の上に乗っているだけで運動効果を得られるなら、簡単に行なえるので、続けられそうと思いました。

楽して運動効果を得られる振動マシン

気になる部分を振動させて、その部分の脂肪を燃やすという振動器具があります。 このような振動器具は、運動が苦手な方や忙しい方から支持されているようです。

乗馬マシン

乗馬マシンは、乗馬運動で痩せることができる器具です。

このマシンは、ウォーキングと同じくらいダイエットに良いと言われています。
さらに「ウエスト周り」や「太もも」「ヒップ周り」のダイエットに効果があると好評です。

乗馬マシンには、何時間も乗る必要はないです。例えば15分ほど乗っているだけで、かなりのカロリーを消費できると言われています。

腹筋や背筋を鍛えられる器具なので、筋トレできる物とも言えます。普段使わない筋肉を鍛えられるので、代謝が良くなり、ダイエットにもつながります。

ただし、すぐに痩せるとは言えないようです。だけど、スタイルを良くしたい方にお勧めの商品です。美しいボディを手に入れたら、自信を持てます。ダイエットを続けるには、体を鍛えられたという自信も大切です。

自宅で乗馬ダイエット、乗馬マシン

乗馬マシンなら、自宅で乗馬運動できます。 機械の上に乗っているだけで有酸素運動ができます。 運動によって、痩せることを期待できます。

エアロバイクの運動

エアロバイクのダイエットは、自転車の形をしたエアロバイク器具を使って、サイクリングと同じ運動をするダイエット方法です。比較的古くからある人気の方法です。

ところで、自転車運動で痩せることはできるでしょうか?
例えば長時間自転車をこぐと、エネルギーをたくさん消費します。自転車運動はエネルギーをそれなりに使うので、痩せられる運動と言えます。

日常生活において自転車運動を習慣にして行なうと、基礎代謝量が高い体を作れます。運動すればするほど筋肉量が増えて、メリハリのある体つきになります。

続ければ良かった?エアロバイクの運動

運動トレーニング器具のエアロバイクは、自宅で手軽に有酸素運動できるダイエット器具です。 よくあるエアロバイクの運動は、約20分間ほど無理のないペースでこぐことです…

踏み台昇降の運動

踏み台昇降は、天気が雨の日や外に出るのが億劫な時でもできる有酸素運動です。踏み台に上る・下りるを繰り返す運動、一定のリズムで踏み台昇降を繰り返す運動です。
自宅で有酸素運動をしてダイエットしたい方にとって、踏み台昇降の運動は選択肢の一つになります。

この運動のコツは、左右の筋肉を均等に使うことです。それは、踏み出す足を交互にすることです。簡単な動作なので、特に問題なくできるでしょう。

踏み台昇降を行なう際、台が動かないように固定しておくと安全です。台に「滑り止めの仕組み」があると良いです。

足腰の弱い方や体が太めの方は、踏み台に乗った時に「転倒する恐れ」があります。気をつけてください。

昇り降りするだけで下半身が「ほっそり」踏み台昇降の運動

踏み台昇降運動は、踏み台に上る、踏み台から下りるという簡単な運動です。 踏み台昇降を続けることで、下半身の筋肉を鍛えられます。 よって、「下半身痩せ」を期待でき…

縄跳び運動

痩せる方法の一つに、「縄跳び」があります。
縄跳びダイエットは、以前にインターネット上の口コミで話題になったダイエット方法です。

縄跳びダイエットは、その名の通り、「縄跳び」で飛び跳ねる運動でカロリーを消費して痩せる方法です。
「縄跳び」は全身運動なので、縄跳びダイエットは徐々に体重を減らすことができます。

「縄跳び」の跳び方は、足を揃えて跳ぶ、片足ずつ跳ぶなどがあります。
ダイエットのために「縄跳び」をするなら、両足を揃えて跳ぶだけでなく、様々な飛び方を混ぜたほうが良いです。

「縄跳び」は、誰もが小学生ぐらいの時に「体育の授業」や「遊び」で使ったことがある運動器具です。なので、簡単に使えるでしょう。

ぴょんぴょん飛んでダイエット、縄跳び運動

縄跳び運動は、ダイエットの効果を期待できます。 「縄跳び」で実際に痩せるためには、1日20分から30分くらいの時間、飛び続ける必要があるでしょう。

簡単なダイエット・エクササイズ

その場で足踏み

その場で足踏みするという運動は、簡単にできるダイエット運動の一つです。ぜひやってみましょう。

  1. このエクササイズを行なう姿勢を言うと、「あご」を少し引いてまっすぐ立ち、肩を後ろに下げて、首を伸ばした状態を意識します。
    その場で足踏みする前に、必ず一度、この姿勢を取ってください。
  2. 次に、足を90度より少し低いくらいまで上げて、膝から下を90度くらいに曲げます。
    足を上げる時、90度まで上げるのは難しい場合が多いです。なので、少し高めに上げるようにする、と心がけてください。
  3. そして、腕を振ります。
    振る場合、大きな力を入れず、腕全体が伸びるようにします。

1分間に約40回ほど足踏みします。脂肪を燃焼させる目安となる回数です。

ベストな結果を得るためには、足と腕がきちんと動いていることが重要です。ですから、時々手足や姿勢に気を配り、正しく動いているかどうかを確認してください。

また、足踏み運動では、お尻を引き締め、お腹に力を入れることが大切です。

一度に行なう時間はそれほど長くなく、合計で20~25分程度で良いでしょう。そうすることで運動に対する持久力がつき、脂肪を効率よく燃焼させることができます。

その場で足踏み運動は、テレビを見ながら、音楽を聴きながらできるダイエット・エクササイズです。自宅で気軽にやりましょう。

自宅でできる、簡単なダイエット・エクササイズ

ダイエットのエクササイズには、簡単な運動もあります。 例: 寝ながら足を上げるだけ。 「お腹周り」の引き締め。 その場でウォーキング。 その場で駆け足。 ちょっとし…

有酸素運動

健康的に痩せたい人には有酸素運動がおすすめです。例えばジョギングや水泳は、息が切れることなく続けられる有酸素運動です。

短距離走やジャンプとは違い、連続的に体を動かします。安静な時よりも弾んだ呼吸、深い呼吸をしながら運動します。有酸素運動中、体内にはたくさんの酸素が供給されています。

呼吸が苦しくならない程度の強度で運動することが目安です。息切れするほどの激しい運動は数分しか続けられないので、無酸素運動となります。

体内に吸収された酸素は脂肪と結合して、運動のエネルギー源に変換されます。

有酸素運動は体内の脂肪を効果的に燃焼させるので、ダイエットに効果的です。

運動開始後、しばらくは血液中の脂肪が代謝されます。
体内に蓄積された脂肪の燃焼が始まるのは、20分以上の有酸素運動と言われています。これくらいの時間、有酸素運動をすると、ダイエットに効果的とされています。

なお、ダイエットを成功させるためには、運動を継続することが大切です。定期的に長期間にわたって有酸素運動を行なうことが大切です。

ちなみに有酸素運動は減量以外にも、心肺機能の向上、血圧の低下、筋力の増強など、多くの健康効果があります。

自宅でできる運動もある、中性脂肪を減らせる有酸素運動

有酸素運動には、例えば ウォーキング、 ジョギング、 サイクリング、 水泳 などがあります。 毎日、有酸素運動を続けたら、中性脂肪の減少を期待できます。

ダンベル運動

脂肪がくっついた「二の腕」や「太もも」などを痩せさせたいなら、ダンベル運動でダイエットしても良いです。

ダンベル運動は有酸素運動の一種であり、脂肪を燃焼させるため、ダイエットに適していると言われています。ダンベル運動なら、自宅にいながら、いつでもどこでもできるのが魅力です。

ダンベルの持ち方、動かし方については、間違えると運動の効果が半減します。なので、正しい持ち方を身につけることが大切です。
手首を内側に曲げたまま、ダンベルをしっかり持ちます。ダンベルを持つ際、手首に負担がかかる持ち方をしてはいけません。

ダンベル運動のやり方によって、どの部分の筋肉を鍛えるか、決まります。

ダンベルを両手で持ち、ダンベルを持ったまま足を曲げたり伸ばしたりして、上体を上下に動かすことで、「太もも」の筋肉を動かして「脚痩せ」を目指します。

両手にダンベルを持ち、両腕をまっすぐ前に突き出して5秒ほど姿勢を保ちます。そして腕を曲げます。
このような動作をする運動は、腕の筋肉を鍛えて、二の腕の脂肪を燃焼させる効果があります。

ダンベル運動でダイエットする場合、目安は1日20回のダンベル運動をすることです。
一朝一夕には、痩せたことを実感できないかもしれません。だけど3カ月ほど毎日続けてみると、ダイエット効果を期待できます。

体がまだ運動に慣れていない場合は、少ない回数から始めて、徐々に増やしていくと良いです。
とにかく続けてください。ダイエットに大切なのは、運動を習慣化することだからです。

筋肉量を増やして痩せるダンベル運動

ダンベル運動には、筋肉量を増やす効果と、筋肉のエネルギー代謝を活性化させる効果を期待できます。 ダンベル運動すると、脂肪が燃焼しやすい体作りができます。

ストレッチ体操

痩せるためのストレッチの方法はいろいろありますが、ストレッチがダイエットに良いということは確かです。毎日のちょっとしたストレッチ運動で痩せることは可能です。

ストレッチ体操は、試した人全員が必ず痩せたという結果を出しているわけではありません。ですが、痩せたい人は試してみてはいかがでしょうか。

痩身効果を得るためには、毎日ストレッチを続けることが必要です。毎日、適切な運動量のストレッチを続けることで、ダイエット効果を期待できます。

ここでは例として、寝たままストレッチをする場合について、ご紹介したいと思います。

  1. まず仰向けにまっすぐ寝ます。
  2. 両手を頭の後ろで組み、顔を上げながら「左肘」と「右ひざ」を近づけます。
  3. できるだけ近づけて、「肘」と「ひざ」が触っている状態を30秒保ちます。
  4. その後、静かに最初の仰向けの姿勢に戻します。

この一連の動作を左右(※)それぞれで2回、朝と晩に行ないます。
※「左肘」と「右ひざ」を2回近づけます。「右肘」と「左ひざ」を2回近づけます。

痩せるための軽い運動、ストレッチ体操

ストレッチ運動は、ダイエットをサポートします。 ストレッチには全身の代謝を上げて、エネルギー消費量を上げる効果があります。

ダイエットのための入浴法

お風呂はリラックスタイムであると同時に、ダイエットに効果的な時間と言えます。
お風呂でダイエットする方法として、エクササイズするのもおすすめです。運動することで全身の血行が良くなり、普段より多くのカロリーを消費するためです。

ダイエットのための入浴方法

  1. 浴槽の「お湯」の温度を熱めに設定して、汗が出るまで入浴します。
  2. 汗をかき始めたら、お風呂から出て体を冷ましてゆきます。

以上のように「お風呂」に入ったり出たりを3回ほど繰り返すと、入浴中の運動効果が高まります。

入浴中のエクササイズ

  1. 足首を左右に10回ほど、くるくる回します。
  2. 腕を上に上げて、できるだけ伸ばします。伸ばす際、二の腕と背中の筋肉を意識して、伸ばします。
    そして、体を左側や右側に傾けます。
  3. 次に足を伸ばし、つま先を伸ばしたり曲げたりします。この時、「ふくらはぎ」と「太もも」に意識を集中します。
  4. 両手を背中の後ろに伸ばし、体をひねる動作をします。

運動後、気になる体の部分をマッサージすると、より効果的に痩せることができます。
また、入浴中で使えるマッサージオイルを使えば、よりリラックスして運動できます。

お風呂での運動は、いつもより効果的にダイエットできます。ぜひ試してみてください。

続けやすい、ダイエットのための入浴法

入浴する事は、運動しているのと同じ効果を期待できる。 そういう指摘があります。 ダイエットのための入浴法として、3回に分けて入浴する方法があったりします。