【まとめ記事】疲れ目対策など、目を健康にする方法

宝物と言える「目の健康」

瞳

一般的に、健康維持は短期的なものではなく長期的なものです。そして、目の健康は「一生の宝」です。

年齢とともに視力が低下するのは仕方ありませんが、あらゆる外的刺激から大切な目を守ることは大事です。
目の健康のために、時間を使い、お金を払うのは良いと思います。

日ごろから目のケアをしておくと、将来的に「見える喜び」として報われます。

疲れ目対策

マッサージ

疲れ目対策として、指を使ったマッサージがあります。

  1. まず目を閉じて、両手の親指を眉毛の下に置きます。
  2. 目の上の骨に沿って指を滑らせ、軽く押さえてゆきます。
  3. 次に、両手の人差し指と中指をそろえて、目の下の骨に沿って軽い力で滑らせます。

温度刺激による血行促進

タオルを用いた対策もあります。
冷たい濡れタオルと温かい濡れタオルで交互に目を覆い、血行を良くするというものです。

ブルーベリーサプリメント

疲れ目対策として、ブルーベリーのサプリメントを利用する人もいます。
疲れた目には、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが効果的とされているからです。

睡眠

しっかりと眠ることは、疲れ目対策となります。
疲れた目の回復には睡眠が必要です。睡眠中は、目の筋肉や機能に負担がかからないため、目をしっかり休めることができるからです。

「目の疲れ」がひどい場合は、眼科での診察が必要です。しかし多くの場合は、しっかりと睡眠を取ることで「目の疲れ」は改善されます。

目を「いたわりたい」なら、疲れ目対策

疲れ目対策の一つに、タオルパックという方法があります。 この方法には、「目を温める」と「目を冷やす」の二つがあります。 他にはアイマスク型のマッサージ器で、「目…

デジタル機器による疲れ目の対策

眩しい光の軽減

スマートフォンやパソコンをよく使う方は、目の疲れに困っていませんか?
私はパソコンをよく使っているのですが、疲れ目に困っています。

自分が疲れ目になってしまう原因ですが、素人ながらに、やはりディスプレイからの眩しい光が原因だと予想しています。実際のところ、ディスプレイからの青色光は目にとって悪い光のようです。

スマートフォンやパソコンを使っている際、目の疲れに悩む人が多いことから、ブルーライトを軽減するメガネの人気が高まっていると聞きます。
このメガネは、青色光を選択的にカットしてくれるそうです。このような疲れ目対策を考慮した眼鏡を使うと、「目の疲れ」を軽減させることができるでしょう。

デジタル機器の使用時間を減らす

時々、テレビゲームは1日に2時間まで、ということを聞いたりします。同じようにスマートフォンやパソコンに対しても、1日当たりの使用時間を決めたほうが良いかもしれません。

実は、私はパソコンの使用時間が長いことを気にしています。疲れ目がひどいからです。
できるだけパソコンの使用時間を減らしたいと思っています。ですが、なかなかできません。
特に仕事関係の作業がある場合、長い時間、パソコンばかりしています……。

デジタル機器で目を酷使、知っておきたい疲れ目対策

疲れ目の予防で出来る事を、以下に書きます。 スマートフォンやパソコンの画面を見る時、視線が「やや下向き」になるようにします。 適切に明るい部屋で、画面を見るよ…

疲れ目対策の食品

ブルーベリー

ブルーベリーのサプリメントでは、アントシアニンを摂取できます。アントシアニンは、目の疲労回復を助けると考えられている成分です。

人間の「目の仕組み」がわかれば、「目の疲れ」を何とかすることができます。
網膜には、外からの光を感じるロドプシンという物質があります。
目が疲れたりすると、ロドプシンの数が減り、光に対する反応が鈍くなります。ロドプシンの減少により、目の「かすみ」、焦点がずれて見えるなどの症状が起こります。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、ロドプシンの再合成に寄与していると考えられます。アントシアニンを食べ物と一緒に摂取すると、「目の疲れ」の軽減に働きかけます。

しかし、ブルーベリーは食事の一部として摂取されることはあまりなく、摂取量もむしろ少ないです。
アントシアニンの摂取を維持するためには、サプリメントを利用することが有効です。

また、ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目の疲れ以外の症状にも効果がある、と言われています。
近年の研究では、アントシアニンが視界を広げる効果や白内障の予防に役立つことがわかってきています。

目の健康のために、ブルーベリー入りのサプリメントを利用している人は多い、と思います。

ブルーベリーで「目の疲れ」を予防しましょう

眼精疲労の回復をサポートするサプリでは、ブルーベリーの人気が高いです。 アントシアニンという成分を含んでいて、この成分は眼精疲労の回復をサポートする成分だからで…

ルテイン

ルテインは、目の病気予防に有効な成分です。紫外線や加齢によって起こる白内障や黄斑変性症などの目のトラブルを予防します。

黄斑変性症は、以前は70歳以上の人に多く見られました。しかしパソコンやスマートフォンのブルーライトによる目の刺激が原因で、若い人にも黄斑変性症が増えているようです。

米国では、多くの医師が黄斑変性症の患者にルテインの摂取を推奨しており、目にとって重要な栄養素であることが示唆されています。

加齢とともに減少

ルテインはもともと人間の体内に存在する成分ですが、その量は加齢とともに減少します。ちなみにルテインは、体内で自ら生成できない成分です。

体内のルテインの量が減ると、眼球の硝子体(しょうしたい)が活性酸素によるダメージを受けやすくなります。
硝子体が損傷を受けると、「濁り」が生じて見えにくくなったり、目が疲れやすくなったりします。

また、白内障は、活性酸素が原因とも言われています。

ルテインには高い抗酸化作用があるので、ルテインを補給することで、増えた活性酸素を除去し、「硝子体の曇り」を防ぐことができます。

目の健康維持に必要な栄養素・ルテイン

ルテインとは、眼の水晶体や黄斑部などに含まれている成分です。 抗酸化物質の一つであるルテインは、目、特に網膜の活性酸素を抑える働きがあります。 これは、目の健康…

アントシアニン

アントシアニンは、植物を酸化から守るために作られた成分です。
アントシアニンは高い抗酸化力を持ち、活性酸素による様々なトラブルを防ぎます。

このアントシアニンは、5000種類以上もあるポリフェノールの一種です。そんなたくさんあるポリフェノールの中でも、強力な抗酸化作用を持っています。
他にも、視力回復の効果や眼精疲労の軽減を期待できます。

ロドプシンの再合成力を促進

視覚信号を伝達する視神経細胞の色素であるロドプシンは、光によって分解されます。ロドプシンは、短期間で分解と再生を繰り返しています。

しかし加齢や目の酷使により、ロドプシンを再合成する力が弱まります。そして、目が疲れやすくなります。

アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進します。これにより、「目の疲れ」を軽減し、視力の回復を助け、さらに暗闇でもよく見えるようになります。
目を酷使しがちな現代社会において、アントシアニンは目の健康維持に重要な役割を果たします。

疲れ目対策に、アントシアニンが豊富なカシス

カシスには、アントシアニンという「目の疲れ」を解消する色素が、豊富に含まれています。 アントシアニンは、「抹消の血流を促進する働き」があります。 この働きによっ…

アスタキサンチン

目の筋肉疲労を軽減

目に良い影響を与えると言われているアスタキサンチンには、「目の疲れ」を取る効果があります。
アスタキサンチンの強い抗酸化作用により、筋肉疲労を軽減できるからです。

私たちは何かを見る時、目の中でレンズのような役割をしている「水晶体の厚み」を調整することで、目の焦点を合わせています。

しかし、細かい作業やパソコン作業などを長時間行なっていると、「水晶体の厚み」を調整する役割の筋肉が疲れてしまい、調整が難しくなります。
この症状は、一般的に眼精疲労と呼ばれています。
これは筋肉疲労の一種です。なので、アスタキサンチンが役立つと期待できます。

活性酸素の働き抑制

アスタキサンチンは、網膜の血流をコントロールする血液網膜関門を通過できます。よって、目の周辺組織に放出される「活性酸素の働き」を抑えて、目の老化や病気の発生を抑制します

アスタキサンチンは、パソコン操作やテレビ視聴、ゲームで遊ぶなどで目に負担をかけている現代人に必要な栄養素です。

眼精疲労を回復、目に良いアスタキサンチン

アスタキサンチンには疲労回復の効果がある、とされています。 その中でも眼精疲労を回復する効果について、とても注目されています。 アスタキサンチンを多く含む食品と…

ビタミンB

ビタミンB1

ビタミンB1は視力の低下を防ぐだけでなく、「低下した視力を回復させる働き」があります。
そのため、老眼や視力低下を防ぐためには、ビタミンB1を多く含む食品を食べることが望ましいです。

ビタミンB1が豊富に含まれている食品には、以下の物があります。
ビール酵母、豚肉、羊肉、牛肉、うなぎ、レバー、豆類、ごま、玄米、小麦胚芽、ピーナッツ、卵黄など。

目には良いかもしれませんが、脂肪分の多い肉の過剰摂取は体に良くありません。目に良いとわかっていても、適度に摂取するようにしましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2は体の粘膜を保護して、細胞の再生に貢献する栄養素です。
眼精疲労や視力低下を防ぎ、低下した視力も改善します。

ビタミンB2が豊富に含まれている食品には、以下の物があります。
豚肉、ウナギ、サバ、サンマ、イワシ、カレイ、カキ、ホタテの貝柱。
牛乳、卵、納豆、そば、しじみ、アボカド、大根の葉、ねぎ、海苔、ひじき、まいたけ、アーモンド、モロヘイヤなど。

目の健康を維持するには、これらの食品を毎日の食事に取り入れることが望ましいです。

なお、高齢になると、卵や牛乳などの乳製品をたくさん食べる必要はありません。目に良いからと言って、乳製品を食べ過ぎないことが大切です。

疲れ目の改善を期待、ビタミンB

ビタミンは、目の健康に欠かせない栄養素です。 その中でも疲れ目対策には、ビタミンB群が大事です。 ビタミンB1とビタミンB2は、「視神経の働き」を高めたり、「視力の低…

目の健康体操

視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは、目の手術を必要としない安全な方法です。
この方法は、眼球を訓練法に従って訓練することで、徐々に視力を回復させていくというものです。

ただし、すぐに視力は回復しません。トレーニングによって視力を大きく回復させるには、長い時間がかかります。
毎日、目の体操を行なうとなると、面倒に思う人は多いでしょう。実際、嫌になって辞める人は多いと聞きます。

辛抱強くコツコツと続けられる人には、視力回復トレーニングという方法は向いています。そうでない人には、向いていません。

なお、この方法で視力を回復したいなら、視力に悪い影響を与えている習慣をすべてやめる必要があります。
目に悪いことをしていたら、目に良いトレーニングをしていても無駄になるからです。

目の健康体操、視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは、視力回復の方法です。 その目的は、水晶体の調節を行なう筋肉である毛様体筋の無理な緊張を取り除き、遠近調節機能を活発にさせることです。 こ…

まばたき

疲れた目に効果的な「まばたき」の方法があります。

まるで顔全体を動かすように、力強く「まばたきする方法です。
5回ほど、勢いのある「まばたき」をすることで、目の血行を良くして、「目の疲れ」を軽減します

また、2,3秒ほど目を閉じてから、数回軽く「まばたき」をする方法もあります。
これを何度か行なうと、目が涙で潤い、「疲れ」が取れていきます。視力低下の予防にもなります。

「まばたき」は、私たちの目が行なう「重要な動き」のひとつです。「まばたき」は、日々の「目の疲れ」を軽減するのに効果的な方法です。

実は、視力回復トレーニングになる「まばたき」

「まばたき」は視力回復トレーニングの一つ、と言えます。 視力回復トレーニングとして「まばたき」を行なう時は、ゆっくりと目に意識を集中させて行ないましょう。